2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  はっきり申し上げて、バブル経済時代までに肥大化した政府とその構造を、財政状況に合わせて「削減する」という覚悟が、政府与党にも、野党にも、あまり感じられない。 | トップページ |  国の、行政府・独法財団・国立大学の、国債借金早期返済のための、再構築と削減の必要性について。 »

 国債・借入金・政府保証債務  911兆円 ーーー 公費削減の徹底化の必要性について。ーーー

 国債・借入金・政府保証債務  911兆
  うち長期債務(財投債と短期証券除く) 604兆

 地方長期債務 198兆

ーーー
 実質GDP 541兆

 国家予算

  一般会計歳入 102兆

    うち税収 58兆

    うち公債・建設公債 44兆 (借金)

  特別会計 歳出純計 169兆

 地方税収 36兆

ーーー
 理論的に、(現実的でないが)、国内の民間含めた総生産すべて投資しても、借金返済に2年はかかる。

 実際には、
 国は、年間58兆の税収で、911兆、
 地方は、年間36兆の税収で、198兆、

 累積の借金残高があるということだ。

ーーー
 いくら鳩山首相が理数系のプロでも、政権が、4年間で、借金を返せるはずもない。

 しかし利息はついて増えていくのに、放っておいていいのだろうか?

 そもそも、累積債務以前に、

 毎年、日露戦争や太平洋戦争のような戦争をしているわけでもない平時の時代に、

借金して、収入の倍の歳出をしていること自体が、異常だ。

ーーー
 どう考えたって、公費の歳出を減らすしかないだろう。

 何も、生活保護を減らして、昭和の日本を働いて支えた貧しい老人達を餓死させるような、極度に非人道的なことをする必要はない。

 しかし、そういった生きる死ぬの最低経費以外は、全省庁系統に例外なく、聖域なく、徹底的に削減しなければならないに、決まっている。

 いずれ増税は避けられないだろうが、それでも独法や財団が残っているような無駄使いたれ流し行政で、増税など、
 国民が納得するはずもない。

ーーー
 公金で飯を食っていた人たちには、これから受難の時代が来るように感じられるのかもしれないが、
 そもそも、これまでの行政が「間違って」いて「異常」だったということだ。

 筑波大学の中央アジア研究? JICAの日本センター? 
 ふざけんなよ、こんなの3日で解体解雇できなければ、文部科学省や外務省の正規官僚は、エリートとして失格だ。

 解体解雇が一日遅れれば、あいつら雀の涙の役にも立っていない教員・技術職員・独法職員に、組織部署ごとに一日で何十万ずつの公金が失われていくのだ!!!

 以前書いたが、民間に転職市場・派遣市場、そして公的福祉制度があるのだから、退職金と雇用保険を払ってやれば、彼らの将来には、何の不安もない。

 なにも俺は、カザフスタンとウズベキスタンの首都に日本大使館を置くことも、国政選挙や正規試験を通った大使や外交官を、最低限の数、赴任させることにも、反対していない。

 はっきり申し上げて、公費で中央アジアについて詳しくなる必要のある人たちは、彼ら外務省と大使館の正規外交官だけで十分で、

 それ以上に国民が役人に払う税金の余裕は、一円たりともないのです!!!

 もちろん、エリート正規だって、本省課長になれた人以外は海外留学は不可(外交官の専任言語の初期研修は除く。)、外交官の在外手当ても廃止、で、金を徹底的に節約する必要がある。

ーーー
 鳩山首相も与党執行部も、少し危機感が足りないのではないかと思う。
 今の日本なら、天下を取った余韻に浸っているのは、3日で十分だ。

 自分達の政権時代に完済できなくても、公共者として、本当に、物理可能な範囲で最速に借金を返す気が本気であるのか、
 これでは疑われてもしょうがない。

 彼らラテン人と比べるのは日本として非常に恥ずかしいことだが、
 今回ばかりはハイチ人やチリ人を見習って、財政地震や経済津波の非常事態宣言でも、政府も国民も自覚するために、出したほうがいい。

 政権交代した今の時期のうちに、これはやったほうがいいと思う。

 

«  はっきり申し上げて、バブル経済時代までに肥大化した政府とその構造を、財政状況に合わせて「削減する」という覚悟が、政府与党にも、野党にも、あまり感じられない。 | トップページ |  国の、行政府・独法財団・国立大学の、国債借金早期返済のための、再構築と削減の必要性について。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  はっきり申し上げて、バブル経済時代までに肥大化した政府とその構造を、財政状況に合わせて「削減する」という覚悟が、政府与党にも、野党にも、あまり感じられない。 | トップページ |  国の、行政府・独法財団・国立大学の、国債借金早期返済のための、再構築と削減の必要性について。 »