2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  国立大教職員の、海外出張・研修留学、国内出張・研修留学における、システム化・ルール化の必要性について | トップページ |  政権交代人事の必要性について。 (独法財団・国立大の理事や、旧民間大臣の、公職人事について。) »

 北沢栄先生の新著です。 (2)

 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4408108499_1.html

 (紀伊国屋書店の紹介より)

 官僚利権―国民には知らされない霞が関の裏帳簿

 北沢 栄【著】
 実業之日本社 (2010/05/27 出版)

 237p / 19cm / B6判
 ISBN: 9784408108490
 NDC分類: 344.1

 価格: ¥1,050 (税込)

---
詳細
 なぜ、事業仕分けをしても官僚の無駄遣いはなくならないのか?官僚の天下りネットワーク、官製事業に眠る、巨額の埋蔵金、官の財布「特別会計」のカラクリ、巨額の税金が流れ込む独立行政法人・公益法人の実態を暴く。

 1 官僚が国民にひた隠す、利権の真実
 2 事業仕分けでも表に出ない、特別会計のカラクリ
 3 特別会計が“特別”である、霞が関の常識
 4 消えた巨額資金―私たちの血税が官僚の財布に流れている
 5 事業仕分けで本当に改革ができるのか
 6 民主党が血眼になって探すべき埋蔵金

著者紹介
 北沢栄[キタザワサカエ]
 1942年12月生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。共同通信ニューヨーク特派員などを経て、フリーのジャーナリスト。非常勤講師を経て05年4月より08年3月まで東北公益文科大学大学院特任教授(公益学)。07年11月より08年3月まで参議院行政監視委員会の招請を受け、独立行政法人問題に関する客員調査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

«  国立大教職員の、海外出張・研修留学、国内出張・研修留学における、システム化・ルール化の必要性について | トップページ |  政権交代人事の必要性について。 (独法財団・国立大の理事や、旧民間大臣の、公職人事について。) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  国立大教職員の、海外出張・研修留学、国内出張・研修留学における、システム化・ルール化の必要性について | トップページ |  政権交代人事の必要性について。 (独法財団・国立大の理事や、旧民間大臣の、公職人事について。) »