2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  障がい者福祉制度の改善、健常者との公正取引制度の法制化、養護学校や障がい者福祉施設の改善と無駄削減の必要性について。 | トップページ |  マニフェストについて。 »

 民主党の代表選について。

 (久しぶりに政略の記事を書いてみる。)

ーーー

 私は民主党員ではないから、民主党の代表選は対岸の火事で見ている。

 ただ、なぜこういうことになったかというと、小沢氏本人の行動(起訴対策も含め)にも原因はあろうが、
 それ以上に、菅「派」執行部の、小沢「派」への処遇に、原因があると思う。

ーーー
 ちなみに、
 グループという、単なる言葉の言い換えは、私は好きでないので使わない。
 所詮「派閥」に変わりない。

 もちろん、自民党のように、大小関わらずの決定毎や、業務時間以降の人付き合いまで、がっしり人間関係を締め付ける堅い分派集団よりも、
 民主党の派閥は、同好会的な緩い分派集団であることは、承知している。

ーーー
 本当に、菅首相や菅派が、
 「小沢派には、数は多くてもたいした人材がいない、派閥内のよほど優秀な少数の若干名でさえ、政務官や、党中堅ポストや、委員会理事程度の能力しかない。」
 そう認識しているなら、

 その認識を持って、小沢派に、「だから、能力主義の点で、大臣や党幹部ポストや、委員会理事長ポストはあげられないのです。」
 と、はっきり言えばいいのである。

ーーー
 もちろん、そういった菅派の小沢派に対する認識自体が、事実関係で真実かどうか、の問題はあるが、
 
 菅派の認識に小沢派が納得できず、「安く見下げるのもいい加減にしろ」と思うなら、

 それはもう、能力に関する判断や価値評価自体で、両派閥は異なるのだから、
 
 それだけ判断や価値観が違うなら、
 もう同じ党の別派閥という次元よりも、他党、といった距離である。

 それなら、嘘の元の虚構の友情ごっこをするのでなく、たしかに、はっきり正直に、分党すればいいのである。

ーーー
もちろん、菅首相が記者会見で言っていたが、
 もし本当に小沢派が、能力がある人物が少ないにかかわらず、数が多いから、「数は力」だから、いいポストをよこせ、と能力主義での分相応以上に言っているなら、それは、
 小沢派が、民主主義とはいえ、欲を張りすぎていることになる。

ーーー
 この場合は、菅首相は、小沢派と分党して、他の党と小沢派を天秤にかけて交渉するか、
 または郵政解散のように、解散権を使って、選挙で菅派の直属議員を増やすしかない。

 しかし、今のところ、菅首相には、厚生大臣の頃からの頭の良さと意志の強さはあっても、小泉首相のように賭けをしてでも勝負に出る度胸は、みられない。

 (それどころか解散しないなどと、自分の一番の力を封じるようなことを、新人議員に約束すらしている。)

ーーー
 一方で、
 もし首相や菅派が、小沢派に、個々人の能力で評価している人間がいるにも関わらず、
 政治と金問題を解決していない小沢氏本人ならともかく、小沢派の面々に対してまで、
 「あいつら小沢派だから。」と冷遇して、能力にみあったポストを与えないなら、

 その場合は、菅首相や菅派の器があまりに小さいことになるし、同じ党としては、結束を維持できなくなる。

 少なくとも小沢派が分党に向かうか、小沢派が下克上に出てくるのは、防げなくなる。

ーーー
 小沢派に、司法資格を持つ仙谷氏や枝野氏(いわゆる相当な知力エリート)、前原氏・岡田氏・蓮訪氏、いまのところ中立の原口氏のような、野党時代から表によく出ていて華のある、一定に平凡以上の実績も見せている、そういう人物があまりいないのは、党外の私にもわかる。

 ただし、それで小沢派に本当に人材がいないのかは、党外人には、よくわからない。

ーーー
 一番の問題は、菅派が、
 昨年の選挙の300議席の衆議院議員を使って、今後の過半数未満の参院とのねじれ国会を乗り切ろうとしていて、

 その、「300」が、郵政選挙後の小泉首相のように、自分の力でもぎ取ったものではなくて、
 安部・福田・麻生政権のように、他人の力で得た議席で政権を運営しようとしている、
 そのことだ。

ーーー 
 しかも安部政権から福田政権までは小泉派と大きな点では対立せず、

 麻生政権は、予算で緊縮財政から離脱(小泉政治と離脱)したが、選挙が近く、外的にリーマンショックでどたばたし出して、参院で民主党に押されて党内が圧迫されていたから、党内抗争自体はぎりぎりで乗り切ることができた。

 (結局選挙で、政党政権自体が崩壊したが。)

ーーー
 つまり、菅氏は、小沢氏の力を、すくなくとも党全体の力の半分以上は使って、300を得ていて、
 その300をこれから使っていこうとしながら、小沢氏や小沢派を冷遇や排除しようとしている。

 それが能力主義に基づくものなのか、政策的に他派閥だからなのか、人間関係の好き嫌いなのか、
 十分に、菅首相や執行派閥が、他派閥や党員に説明していない。小沢派を説得していない。

ーーー
 原因が能力主義でありそれが真実をついているか、または政策的に他派閥なので調整しないからなのか、または人間関係の好き嫌いで冷遇しているのか、
 その原因の違いにより、小沢派と菅派のどちらにどの程度非があるかは異なってくるが、

 いずれにせよ、
 融合する努力や行動もせず、かといって分党もせず、

 しかも解散をしないで、現有の派閥構成を維持したまま、
 代表戦だけやろうというところに、
 なにか民主党の限界、今の2人ライバルの限界を感じる。

ーーー
 解散をすれば、はっきり勝ち負け、表裏が出る。

 打ちのめされたほうは、岡田氏は、郵政選挙で負けた当事者でもあり、ある意味、自民党内抗争への不思議な傍観者の立場でもあったから知っているだろうが、それでもはっきりすっきりはする。

ーーー
 このまま菅首相が勝って、小沢派の一部を、ポストや利で引き抜くことをしても、

 相当、敗者の側、小沢派で小沢派に残る人たちには、陰湿な勝負の分、遺恨が残る気がする。
 もっとも、みんなの党や自民党には、ここに引き抜きで付け込む隙がありうる。

 またはもし小沢氏が勝ったら、1ヶ月の期間しか選挙前の実働をもらえず、ほとんど鳩山派と小沢派の政治の責任を取らされる菅派は、どうなるか?
 頭を下げて小沢派からポストをもらうのか、それとも分党するのか、これは自分にもわからない。
 分党するなら、自民党というよりは、みんなの党に近づくのか?または社民党に近づくのか?

ーーー
 菅首相には、今現在、以下の方法が残されていると考える。

 まず、
 なぜ小沢派に有力ポストを与えないのか、
 理由を十分、党内で、議員や党員に説明すること。
 
 その上で、能力主義が原因なら、いちおう小沢派への説得を試みること。

 それでも、小沢派が納得しない場合、またはもう政策的に小沢派とは同じ党では物理的にやれない場合、またはどうしても好き嫌いで能力にかかわらず小沢派にポストをやれないなら、
 小沢派と、分党して、他党と連携を模索すること。
 または、直属議員を増やすために、解散に打って出ること。

 自身が首相にとどまって、政策政略両面で、クリーンな政治を行うには、これしかないのではないか。
 国民の支持が一番の味方という点では、かつての小泉首相と同じだ。

ーーー
 小沢氏自体にも、竹下氏と同じで、いろいろ過去に上司と下克上で争った政略の経歴があるようだが、
 今のやり方だと、菅首相は、たとえ勝っても、

 他人の力で得た議席数を、その他人本人と戦って相手を倒して、自身のものにして、(代表戦後、どのくらいの数を、自身のものにできるか分からないが)
 そのままその議席に乗っかって政治をとろうとする、

 政略面での「簒奪者」的な胡散臭さを、背負うことになる。
 もちろん、これは、菅首相の政策や、政策でのクリーンイメージへの評価とは、別の話になるが。

ーーー
 それでもある程度の数を維持できれば、当面の政権は維持できるだろうが、

 岩手や小沢派が残る地盤は、みんなの党が進出したり自民党が巻き返してくる、3年後の選挙に向けた他党の橋頭堡になっていく可能性がある。

 この傾向は、小沢氏が勝って菅派が分党を選んだ場合も、逆の意味で同じになる。すなわち、武蔵野や菅派に残る議員の地盤は、他党の影響にさらされることになりうる。

«  障がい者福祉制度の改善、健常者との公正取引制度の法制化、養護学校や障がい者福祉施設の改善と無駄削減の必要性について。 | トップページ |  マニフェストについて。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  障がい者福祉制度の改善、健常者との公正取引制度の法制化、養護学校や障がい者福祉施設の改善と無駄削減の必要性について。 | トップページ |  マニフェストについて。 »