2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  個体の優劣・遺伝子の優劣について。 | トップページ |  教育産業のからくり。 »

 高校での、古典の授業の廃止の必要性について。

 民主党は、高校無償化を行った。

 これは民主党だけの話でなく、
 高校を出ていないと相当雇用に影響がある、社会の中での企業側政府側と、それを規制できる立場の政府側に、根本的な問題はある。

 しかし、実際に、高校無償化が行われた以上、
 高校の教育は、公式の義務教育にはなっていないが、財政上税務上は、国民が負担する公の教育になったということだ。

 ということは、主権者納税者の国民も、高校の教育に、義務教育に対するのと同じくらい、口を出せる干渉できることになる。

 それは、公立私立同じで、他人の金を受け取ることは、それだけの対価を伴うのである。

ーーー
 まず、古典の授業について。

 私の結論では、「廃止」である。

 別に苦手科目や嫌な教師がいたわけではない。

 すごく得意ではなかったが、それなりに好きで、平均並みか以上の点を取っていたし、

 その当時はまだ珍しい院生上がりの新任教員が担当して、面白い話や、教員が美術展で買ってきた高価なカタログを、義務ではないのに生徒に回覧してくれたりした。

ーーー
 ただ、やはり、今後は、男女の御三家のようなエリート校で任意でやるならともかく、
 自分の出身のような、地方進学校や、ましてや、今後税金を更に投入される公立私立では、
 はっきり申し上げて、不要だと思う。

 現代文の時間に、1コマ、漢文と古文の、原本と現代訳を見せて、こんな訳し方(漢文)、こんな言語(古文)をしていたのですよ、と、紹介程度に教えればいい。

 平家物語や源氏物語、枕草子くらいの、基本中の基本は、現代文の時間に、どうせ一部の抜粋を、原本と現代訳を見せながら、現代訳を中心に授業すればいい。

 岩波文庫で安く買えたり、どこの公共図書館にもあるような古典は、税金を教員と学校に払って子供達に教えるのではなく、
 彼ら子供が、子供時代や成人後に、余暇の時間に、好きなだけ読めばいい。

ーーー
 教育のリストラ、これは大学はもちろんだが、高校でも必要だと思う。
 
 日本が豊かであり続けるには限度があり、ある程度凋落は避けられないのに、必要でもない贅沢教育を与える余裕は、国民にはない。
 
 子供の虐待やいじめは防ぐ必要があるが、甘やかしは、論外だ。

 豊かな時代の教育と、貧しい時代の教育が、「違う」のは、同じ日本人でも歴史的に時間軸で違うし、世界の空間軸の中でも格差があることで、
 明白である。

ーーーー
 瀬戸大橋を作るには、たしかに高等数学の基礎の上に土木工学を身につけた、そういう設計士が必要である。

 しかし、高校を、国民全員進学の対象とするなら、
全ての国民が瀬戸大橋を設計できるほどの技術者になる必要はないのだから、
もはや高校には、それほどの高等数学は必要ではなくなる。

 数学はまだ汎用性が高い学問だが、
 古典など論外で、宮内庁や文科省本省や直轄研究所、もし暗号に使うなら外務本省や防衛本省が一部で使う、そういうものだ。

 優秀エリートが業務で使う学問なら、優秀エリートが職業研修や大学院で学べばいい。

ーーー
 算数と国語と教えた後の子供への基礎教育は、
 やはり、瀬戸大橋を設計できるのに必要な高等数学ではなく、

 金銭の計算と、法秩序の中で生きるに必要な能力。
 衣食住を自活する能力と、基本的な雇用労働で生きていく能力。
 
 これである。

 文部科学省と厚生労働省の縦割りの弊害は、なにも幼保だけでなく、
中等教育にも顕著に表れている。

ーーー 
 戦前の旧制高校ほどではないが、今の高校も、民主化だとかなんだかんだいってごまかして、実際には、知的貴族エリート養成機関の影響を受けていて、

 古典のように、高度で知的には面白いが、だが実生活でははっきり申し上げて「無駄」なことを、教えている。

 何か知的贅沢や、場合によっては何か高度な業務の際に、「役に立つ」ことはあっても、税金で社会義務として、全ての国民に教えることではない。

 実は、今までも、公立だけでなく、私立にも補助金で公金が投入されていたが、更に高校無償化する以上は、

 国民の方も、それなら、そんなに学校と教員に税金を払わなければならないなら、「無駄な授業を辞めろ」、と、はっきり主張すべきだ。

 西洋や米国は、歴史的に学校がキリスト教の修道院から始まったので、ギムナジウムなどは、古典を重視しているが、彼らが未だに無駄なことをやっているのまで、
 日本が輸入してまねをすることはない。

ーーー
 国会議員の方々様は、高校の課程からの古典の授業の廃止と、公立での余剰教員のリストラをして、
 国庫支出の削減をしてくださりますよう、よろしくお願いいたします。
 

«  個体の優劣・遺伝子の優劣について。 | トップページ |  教育産業のからくり。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  個体の優劣・遺伝子の優劣について。 | トップページ |  教育産業のからくり。 »