2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

 東日本地震での、外国からの支援について。

 首相官房、松本外務大臣や外務政務職は、

 先進国や、今後付き合いが深くなる、近隣中進国、産油国以外からの、

 すなわち途上国からの援助の申し出は、
 断ったほうがいい。

ーーー
 1000円もらって、貸しを返せ、と、後で、100万円たかられることになる。

ーーー
 危機のときほど、いろいろな国が近づいてくるが、
 必ずしも善意とは限らない。

 また、結果的に損になるなら、その場合も、悪意に基づく行動と変わらない。

 与野党の幹部議員は、本当にチキンぞろいだと思う。

ーーー
 平の立法議員ならともかく、
 
 行政府に入った与党政務職議員、
 
 もし政権交代したら政務職になる可能性が高い、野党幹部議員、
 
 彼らが、誰一人として、相馬や双葉に、行かない。

ーーー
 能力がない人が現地に大勢行けば、外務省に対する青年海外協力隊と同じで、
 現場の東電社員や自衛官消防隊の人たちへの、「足手まとい」「妨害行為」「ありがた迷惑」になるだけだ。

 だから、誰も彼もが野次馬根性で行っていいわけでもないのだが、
 お前大臣だろ?政務官だろ?という人たちが、
 しかも監督省庁の人たちが、
 東京で、ひな壇の殿様やっている。

ーーー
 誰だって、自然界に通常ある以上の放射線など、浴びたくない。

 何マイクロシーベルトならどうこう、という数字は、
 健康な人が、すぐに健康に悪影響を発祥しないという、程度の話だ。
 
ーーー
 現場の東電職員・自衛官・消防精鋭たちは、ただでさえ知力や体力で優秀な人たちだから、
 もともと健康で、寿命も長く、抵抗力もある。

 だから、もともとの強い生命力のおかげで、今回も、一定範囲までの被爆被害までなら、結果的に長生きはするだろう。

 それでも、その人生の中で、壮年期に余計な放射線を浴びたことで、
 寿命が、無事故だった場合のコントロール比較より、何時間か、何日か、何ヶ月か知らないが、縮まる可能性は、否定はできない。

ーーー
 それでも彼らは、職務だから、
 本人の社会人としての自己評価・客観評価のため、家族のため、会社のため、国のため、
 やっているのである。

ーーー
 はっきり申し上げれば、
 菅首相や仙谷氏、小沢氏鳩山氏が、少なくとも表向きは望んだ、「政治主導」は、
 今や、死につつある。

 こんなときに体を張れなくて、何が政治主導だ?

 片腹が痛い。

ーーー
 官僚にお世話になり、恩を着せられて、また平時になったら、のこのこ政治主導と言い出すのか?

 できるはずがない。官僚も、言うことを聞くはずがない。

 民主党は、政治主導の責任政党としての立場を失ったと、いわざるを得ない。

ーーー
 じゃあ、自民党やみんなの党の幹部は、福島に行ったかというと、
 
 地震が起こったら阪神大震災の教訓でたしかに行動するが、
 原発危機が起こったら、さっさと東京に逃げ帰る始末。
 
 野党なのだから、相対的に、たしかに原発危機よりも、より難易度が低く、小さな得点を多量に稼ぎやすい、被災者支援に回るのは、だめとはいえない。
 
 しかし、党首や幹部の誰一人として、相馬の対策本部にでも、たとえあいさつでも、野次馬としてでも、行ったか?

ーーー
 もちろん、与党の問題のほうが大きい。

 菅首相は、海江田経産大臣か、最低限副大臣に、「すぐに福島の現場に滞在しろ。」と命令するべきである。
 経済産業大臣や副大臣が従わなければ、罷免すべきである。

ーーー
 なにも、裸で、原子炉の前で24時間過ごす必要はない。

 防護服を着て、1回2回の作業だけでも、一人の現場職員・自衛消防官と、作業の同じ時間、放射線に当たるべきである。
 
 30代40代、下手すると20代の、壮年の現場職員の体力と同じ労働を、中年で、50代60代の体力の大臣に、誰も期待していない。
  
 しかし、現場職員の平均より3分の1や2分の1の頻度回数で、一人の現場職員・自衛消防官と、毎回同じ時間、放射線に当たりながら、現場指揮はできるはずだ。

 どうぜひな壇の殿様するだけでも、東京で指揮しているより、よほど現場の士気は変わる。

ーーー
 それが嫌なら、辞任すれば誰も強要しないのだから、平の国会議員として、優雅に好きに生きればいい。

ーーー
 本当に海江田氏か、彼の部下の政務職が現場に行かないなら、
 原子力行政は、経産省から取り上げる必要がある。

 経産大臣・防衛大臣や、政務職は、チキンだと思う。

 あの年で、子や孫までいて、そのポストにいて、なぜ、相馬に行かないのか?

ーーー
 海江田氏など、被災地への物資ロジなどやって、在京マスコミの前で流暢に説明して、いかにも仕事をしている「ふりをしている」。

 物資ロジなど、経産の政務官かせいぜい副大臣、別省庁の国交省の政務職や、内閣府の防災担当の政務職が、やることだ。
 
 こいつ本当にふざけている。

ーーー
 立派なのは、見た目と口先だけ。
 それとて才能ではあるが、所詮、TV用の経済評論家どまりの人物ということか。

 あなたがいるべき場所は、双葉相馬地域以外にない。
 嫌なら、即刻大臣辞めろ!!!
 
ーーー
 今の原発の事故は、そんなに軽い内容か?

 別に副大臣を現場に送っても、今よりはいいが、

 それなら、相当、経産大臣として、他にやることがあることを、大臣でなければやれないことがあることを、
 国民に説明しなければならない。

ーーー
 放射能を封じ込められなければ、相馬で殉職するつもりで、やれ!

 千代田区の有権者は、彼に、「大臣ポストにいる限り、首都にいるな、現場に行け」と、平和的にデモをして、福島に追い出すといい!
 
ーーー
 今後、もし放射能を封じ込めることに失敗したら、

 海江田氏など東京や関東選出の議員は、バッジをつけている限り、箱根より西には、逃げてはならない。

 中曽根氏や、原発推進派だった歴代の元要職は、たとえ元職でも、箱根より西には、逃がしてはいけない。
 責任取らせて、地元で放射能を浴びさせる必要がある。

ーーー
 防衛は、外国に備えることも仕事だから、

 今の時期に外国が攻めてくることはあまりないだろうが、政務職全員が、首都を空けることは無理だろう。

 しかし、少なくとも副大臣か政務官が、1人2人、現場に行く必要がある。
 
 意思があれば、副大臣の一人を代理で首都に残し、北沢大臣が、相馬に滞在してもいいくらいだ。

 どれだけ、現場の自衛官を鼓舞できると思うか、よく考えてください!

ーーー
 

 経産大臣や政務職は、福島の原発の、現場の管理職の集まっている場所に、常駐すべきである。

 首相がやるべきかは、微妙だが、

誰か国の政治家が、福島原発の、現場の管理職と同じ場所に、とどまる必要はあると思う。

原子力行政を管轄するなら、最低限、経産大臣は、やはり体を張る必要があると思う。

東電や関係会社の現場、自衛隊や警察の現場が、リスクにさらされるのだから、政治家だけ、呑気に、東京で書類だけいじっていて、いいわけがない。

もちろん、東電の副社長あたりも、首に縄をつけても、相馬地域に、連れて行く必要がある。

―――

 放射線のリスクが嫌なら、首相にせよ、経産大臣にせよ、辞めて、自身個人の老後や余生を、選んだ方がいい。

 どうせ、個人の立場になれば、関西以西に、容易に逃げられる階層なのだから。

―――

 海江田氏は、政治家としては、たしかに東京一区で、常に与党大臣クラスである与謝野氏と、死闘し続けなければならなかった、立派な苦労人だと思う。

 ただ、これも運のうちで、高度成長時代で原発が無事故の時代なら、経済通の人には、これほど、うれしい職はないだろうが、 

 この状況に至っては、経産大臣は、経済や景気のことばかりを、優雅に考えていられる立場ではない。

―――

 海江田氏は、福島の原発付近で、首相の代官として、現場監督に当たるべきである。

 嫌なら、即刻辞任して、別の人にそのタスクを託すべきである。

 下手な失敗は許されないのだから、具体的な冷却への知識と判断能力がないなら、ただそこにいて、首相の指示を伝えるだけでもいい。

―――

 大臣が同じだけ放射線を浴びているということで、現場も、特に自衛官や警察も、文句言わずに、消火するようになる。

 放射線に対し、現場も交代で人海でやっているようなので、

 経産の副大臣や政務官、内閣府防災などの、関連する政務議員を、連れて行って、

 政治家も、交代交代で、やってもいいかもしれない。

―――

 

 上記のような、国にとって必要だが、危険きわまりない仕事をしたくなく、

 一方で、出世して大臣になりたかったのなら、

 海江田氏は、

 自民党が強かった高度成長の時代に、原発安全神話が嘘とはいえまかり通った時代に、

 与謝野氏に降参して逃げて、別の選挙区で自民党の公認を探すか、

 または90年代に、当時の最盛期の小沢氏のように、自民党を敵に回しても、政権交代のために、もっとがんがん戦って、

 93年連立政権をもっと維持するか、2回目の政権交代を早めるか、

 すればよかったのである。 

―――

 国の仕事。

国の仕事;

1,原発の事故の最小限化

 一番重要。下手したら東北の8割と、関東、甲信越が、ダメになる。

 

 国のすべての、原子力技術者、気象・土木分野の人材と資源をぶち込む必要。

 自衛隊も、人海や技術で必要。

資材も最優先。

 

 原発を持つ県も、総動員で協力する必要。

土建や、水関係の、民間も、総動員。

―――

 合衆国やロシア、原発を持つ欧州にも協力してもらう必要。

 北方領土の島の2つなど、この危機の前に、今は大した価値はない。

 

 なぜ、福島沿岸に、人工雨を降らせてもらうよう、ロシアと交渉しないのか?

 外務のロシア課は、バカ揃いか?

 合衆国でできるなら、それでもいいが。

―――

 Nzは原発では困っていないから、もう外国を助けている時期ではない。

 Odaの資源と人材と予算も、全部、この問題に、そそぐ必要。

―――

2,

 家がなくなった、沿岸の人たち、南東北の人たちの、救済。 

 救急救命の時期は、終わりつつある。

 この季節なので、建物があり(体育館など)、毛布と食料を空輸すれば、普通の人は、死にはしない。

―――

 食料が枯渇し始めた人々は、騒ぎ始めているが、毛布や食料を空輸すれば、原発ほど難しくも困難でもない仕事。

 自衛隊や、原発のない近県地域(秋田山形会津、新潟北部、群馬栃木)が協力すれば、できる仕事。

 海路を使えば、より遠方の海岸県も、協力できる。

  (北海道、青森、千葉以西、富山以西)

―――

 こっちのほうは、とにかく、飢えないように食料を供給することが、重要。

 少人数集落は、人を運んで、どこかで集めて集約化する。

多く集まった被災地は、運ぶほうが手間と時間と労力を食うので、そこに食料を運ぶようにする。

 ほかの原発の運転を止めた方がいいと思う。

 

 福島の原発危機への対応だけで、足りない位なのに、これ以上ほかの原発で、同時に事故が起こったらどうなるのか?

 静岡で地震が起こったが、少なくとも中部電力の原発は、止めるべきなのではないか?

 青森も、できれば止めるべきなのではないか?

―――

 電車と、信号。

日没後~日の出までの夜間の、家庭と、街灯。

晴れの日の、正午12時~15時の食料品店・家庭。

会社や工場での、日の出後日没までの、1時間通電、2時間の停電の、繰り返し。

今の季節、これだけ電気をつけていれば、十分ではないか?

―――

 

 原子炉を水没させる案

 後知恵は誰にでもできるのだが、

 なぜ、標高0m以下に、原子炉を作らなかったのか?

 堤防作って、その奥に、標高0m以下に、頭がくるように原子炉作れば、

原子炉ごと水没させられるのに。

 危機管理が、甘かったということか。

ーーー

 自衛隊や土建会社を総動員して、指揮系統を統一させて、

 

 周りにコンクリート壁作って、原子炉ごと水没させるということは、無理なのだろうか?

 壁の建設と、水のポンプ供給に、時間的に間に合わないかもしれないが。

ーーー

 公共の自衛隊や、半公共会社の東電はともかく、完全民間の土建会社員はいやがるかもしれないが、

 妻子がいる会社員に、子の代までの十分な学費と生活費を、政府保証することを条件に、

 働いてもらうべきなのではないか?

  3月15日9時03分

ーーー

 コンクリートに何にせよ、壁を、原子炉近くで、作り始めるべきなのではないか?

 土嚢でもいいだろうし。

 水かけると膨らんで土嚢になるような材料も、あった気がする。

ーーー

 あと、人工雨を振らせる技術は、ソ連が持っていたはず。

 気象庁によると、日本は研究レベルまで。

 合衆国も持っているかもしれない。

  11時08分

 

  

 

 

 時間・救助能力に制約がある非常時の、援助の優先順位。

 (津波・原発など。)

 1,強者層(体力知力)の子である、健常な子供(0~20才までの年齢順)。
 2,強者層の、生殖年齢までの(20~30代)、女性。
 3,強者層の、定年までの、男性(働き手)。
  4, 強者層の内、生殖年齢以降定年まで(40代~60代)、の女性(働き手)。

 
 5,中間層(平均的な人)の子である、健常な子供(0~20才までの年齢順)。
 6,中間層の、生殖年齢までの(20~30代)、女性。
 7,中間層の、定年までの、男性(働き手)。
 8,中間層の内、生殖年齢以降定年まで(40代~60代)、の女性(働き手)。
 
 9, 弱者層(低い能力)の子である、健常な子供(20才までの年齢順)。
 11,弱者層の、定年までの、男性(働き手)。
 12,弱者層の内、成人後から定年まで(20代~60代)、の女性(働き手)。
 
 13,強者層の、定年後の老人。
 14,中間層の、定年後の老人。

 15,弱者層の、定年後の老人。
 

 16,弱者層の、働き手としての能力がない
    (顕著な弱者、中度以上の障害者)、大人。

  17,どの階層の子供であれ、健常でない(体力知力弱者・障害者)子供。

ーーー
 もし間違いがありましたら、ご指摘下さい。

  3月12日 22時53分

ーーー

 強者層ほど、将来の働き能力・繁殖能力の、時間の長さを、重視する。

 弱者層ほど、社会負担となる残りの人生時間の短さを、重視する。

 極右と極左の問題点について。

 最大多数のための民主政を選ぶなら、(それが正しいかの議論はあろうが、)、
 やはり中道層による、極右や極左との戦いになると思う。

ーーー
 極右とは何か?

 たとえばこれ。
 

 30億円。2011年度予算。はやぶさ開発。

ーーー
 個人的には、私は、そんなに望遠鏡で見るほどではないが、宇宙フェチなほうだ。
 しかし、借金があるのに、惑星に船など飛ばしている、その気が知れない。

 菅首相は、一度、自分の家と資産を担保に出して、私費で宇宙船でも飛ばしてみるといい。

ーーー
 砂のような石ころ一つ手に入れるために、いくら金が掛かるのか?
 その石ころを元手に、いくら儲かるのか?
 
 大赤字なのに、なぜやるのか?気が知れない。

ーーー
 合衆国やNASAがやるのは勝手だ。

 リビアにはすぐ介入しないだろうが、兵隊使ってイラクから石油を持ってこれるのだから。
 必要なら軍事力を使って、いくらでも外国から金を調達できる。

ーーー
 しかし、日本に、JAXAのような組織が本当に必要なのか?

 金が入るのではなく、金が出ていくだけの組織なら、国民にとって、「はっきり申し上げて、迷惑・負担」なだけなのではないか?

ーーーーー
 一方で、極左とは何か?

ーーー
 東金市で、知的障害者が、おそらく健常者に成長する可能性の高い女児を殺害。

 たとえこの知的障害者が死刑になっても、生物科学的な価値では、釣り合わない。

 また、この障害者を管理していた福祉公務員や業者は、なぜ殺人幇助で有罪にならないのか?

ーーー
 本人が、「殺しちゃいけないというルールがあるのを、わかる能力がない。」というのは、

 科学的には知能が低ければあり得るが、

 それは、結果責任の刑罰を減免する理由ではなく、

 裁判のある段階で、「これ以上本人に理解させようとしてもしょうがない。議論してもしょうがない。」となって、

 審議打ち切りとなって、判決準備に手続きが移る理由ではないか?

ーーー
 結果で言えば、健常者が、意図して「死ねー。」とやったのと同じ結果になっているのだから、最低限のラインとして、健常者の犯罪と同じ罰で、なぜいけないのか?

 その上で、もし死刑でない場合、刑務所での現実処遇や、出所に関しては、

 刑務所では障害者として能力に応じて扱い、もし出所しても能力的に再犯するから、時期が来ても自由社会には出所させないで、新たに管理する。

 そのためのシステムと法律は、当然不備なのだから、新たに作る。

 こういうものなのではないか?

ーーー
 障害者に、公務員や大企業の職を、特別枠で、不公正に与える、腐敗悪法。

 障害者は、健常者内で体力知力が比較的に低い健常弱者層(雇用で不遇を味わう。)と、何が違うのか?

 一部パーツが欠如しているのでわかりやすいというだけで、なぜ弱者層の中での彼らだけが、「ずる」を許されるのか?

ーーー
 生活保護受給者が、妊娠させたり妊娠したら、現状では、出産させたり、したりできる。

 強制中絶させる法律が無いので、警察も医者も止められない。

 健常者や納税者含めてだが、

 出産前や出産直後に、胎児新生児の重度障害がわかっても、医者と警察に、強制中絶・強制安楽死させる法律がない。

 出産後は、生存権25条が邪魔をする。

 これらのことにより、生産性の低く、社会のお荷物になる劣等遺伝子・劣等個体の増殖を防げない。

--- 
 これは、「底に穴が空いたバケツに、水を注ぐ。」ような物で、

 いくら優秀エリート層が、がんばって結果を出して、国際特許を取ったり、国際貿易で稼いで、国富を高め、国庫に納税しても、

 ネズミの様にセックス増殖する弱者層が、それを福祉でざらざら使ってしまうので、

 結局、財政は赤字になり、国も国民も豊かにならない。

 合衆国でも、日本ほどではないが、その傾向はある。
 
ーーー
 反貧困を一番声高に叫ぶ弱者層が、

 元来、自然淘汰されるはずの劣等遺伝子・劣等個体を繁殖させていることで、

 貧困の一番の原因(弱者のねずみ算増殖)を、自らが作っている。

ーーー
 昔から、坊主は、飢饉で戦乱が起こっても、士族や農民と異なり、リスクを負わないで済んだ。
 そんな浮世離れした安全が保障されていたのは、一代限りとして、子孫を作る事を放棄していたからである。

ーーー
「生存競争で滅ぼさないで下さい。福祉保険で食べさせて下さい。
 その代わり、一代限りでいいです。」
 
 ならともかく、
 
 「それで、次の世代も繁殖させて下さい。」
 
 ここまで言うと、信長に滅ぼされても文句を言えない、贅沢坊主になってくる。

ーーー 
 お金の話も基本として大事なのだが、それ以上に、劣等遺伝子や劣等個体を増殖させておくと、
 生物科学的に、日本国や日本民族が、弱体化することになる。

 結果的に、外国の植民地になることになる。

ーーー
 直接占領されることもありうるが、
 核やミサイルの時代だから、むしろ冷戦期の第3世界植民地の多くのように、
 経済的な支配、雇用・労働支配を受けることになると思う。

ーーー
 だから、極左を増殖させておくことは、民族集団を弱体化させるということで「論外」なのだが、

 じゃあ、極左を繁殖管理した上で、

 人一倍勉強して労働して努力する、潜在的に知能体格も高い、すなわち、「才能と努力」が両方備わったエリート極右が、がんばれば、ハッピーかというと、

 この人たちが、石ころに何億も使おうとする、馬鹿なことをしている。

ーーー
 そういうことを、上の政治家が無統制でさせている。
 または下の「甘ったれ」若手研究者とやらが、「知的好奇心をそそられるから」「やりたいから」と突き上げている。

ーーー
 私も、そんなに、はやぶさについて、詳しいわけではない。
 
 はやぶさに30億円投資することが、十数年~数十年後の将来で、最低でも、40億円とか50億円とかの配当になる。できれば、何倍とか何十倍とかの見返りになって、国富に還元する、
 そういうビジネスモデル(しかもローリスク)があるなら、ぜひ、説明して教えてほしい。

 そうでなくて、夢とかロマンとか言っているなら、「ふざけんな!」という話である。

 男女関係について。 (2)

 (途中まで引用)

鬼束ちひろ暴行容疑の男が“恨み節”連発

スポーツ報知3月7日(月)22時28分

 歌手・鬼束ちひろ(30)を殴るなどして重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた無職・古宮裕輔被告(39)の第3回公判が7日、東京地裁で開かれた。

 被告人質問で古宮被告は鬼束への“恨み節”を連発。「(鬼束が)PV(プロモーションビデオ)で外国人とキスしてるシーンを見させられた。また、『聞いて。私、外国人とセックスしたことあるんだ』と言ってきた。普通、彼氏に言うか? と驚いた」と鬼束の言動にストレスがたまったと主張。また、事件後に鬼束から「恨んでいない」と連絡があったと話した。

 だが、古宮被告の発言にはあいまいな点も多く、裁判官から「自分の発言が矛盾しているとは思わないのか?」と厳しく叱責(しっせき)され、言葉に詰まる場面が何度もあった。30日の次回公判で結審する。

 (引用終わり)

ーーー
 これも、釣り合わないカップルの例だと思う。
 
 鬼束ちひろさんという人の歌は、私は、特にCDやTVで意図して聴いた覚えがないが、ヒット作が続かなかったようだが、
 それでも、一時は、名前はよくメディアに出ていたし、ある先輩は、この人の歌か容姿のファンだった。

 ところが、相手の男性の、名前など、メディアで聞いたこともない。

ーーー
 格下の男とつきあうのは、ある意味で、ある種の性格の女性にとっては、
 他の女に男を取られずらく、優越感を感じられ、緊張せずに楽でいられる、そういう側面もあるのだろう。
 しかし、上記のようなリスクがあることは、世の中、そうそういいことばかりではない、この証左である。

ーーー
 いろいろな性格の男性がいるとは思うが、すくなくとも、男性にとって格下の女性が相手なら、
 男性は、女性がたかが仕事でキスしたとか、過去のセックスとかで、怒り狂って苦しまないはずだ。
 男性のレベルが高ければ高いほど、TPOで多少はむかつくこともあるにせよ、理性的に余裕を持っていられるはずである。

ーーー
 そうでなくて、男性が、格上の女性に、劣等感、コンプレックスを常に抱いているから、
 すなわち、日常的に、同僚・知人・赤の他人などの普通の人間関係よりも近く接するだけで、
 少しづつ神経科学的にダメージを受けて苦しんでいるから、

 ちょっとしたことで、爆発するのだと思う。

 もちろん、対等や格下の女性相手でもそうするようなら、その男性に、それ以上の脳の病気の問題もあると思うが。

ーーー
 本質的には、そういう格下の男を交際相手に選んで、近づいた女性も、愚かだったとは思う。
 (必要以上に人間関係を近づくと言うことで、男性に生理的な加害をしているのは事実なので。)、

 ただ、社会的法律的には、もちろん違法行為・女性への明確な加害行為をした男性が、悪なのである。

ーーー
 身の程もわきまえずに、(自身の実力をわきまえずに)、格上の異性に近づいて、
 目先の利益では、自身がたいそうな格上の人間になったように自己錯覚して、喜んで、

 実際や、長い先の損得では、
 自分で勝手に傷ついて、自分で勝手に怒って、それで他人に加害行為をする。

 ろくでもない論外である。

ーーー
 協力隊の同僚にも、こういう人物(この場合は女)がいた。

ーーー
 童話のシンデレラでは、
 シンデレラは、生まれ育ちが貧しいことを除けば、魔法の力で、風呂に入って化粧してドレスを着れば、
 もともと絶世の美女で、性格も良く知性があったから、王子様に選ばれて、王妃になれたのである。
 
 それとて、理想を書いた、物語の世界の話である。

ーーー
 ましてや、たとえば女性の場合として、シンデレラと比較して、容姿も平凡かそれ以下、性格も偏っていたり自分の利益だけ。頭も悪い。
 それなら、何か幸運があっても、王子様どころか、女性より階級が少し上の異性とすら、まともに交際できるはずがない。

ーーー
 男女どちらのケースせよ、あまりに格差がある人達が、フランス革命の平等思想の詐欺を盾に、交際しても、そうそう、うまくいくはずがない。

ーーー
 こんなのは、まだ短期的な暴力の話だが、長期的な暴力や詐欺、深刻な後遺症、挙げ句の果てには殺人までおこるのだから、
 合衆国が戦後急にもたらした「自由恋愛」というのも、困った物だと思う。

 恋愛という言葉自体が、中世宗教的、観念理想的で、ダメな言葉なのかもしれない。
 FACEBOOK的に、「男女交際」という客観的な言葉を使うのが、より適切な表現の仕方だと思う。

ーーー

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »