2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  男女関係について。 (2) | トップページ |  時間・救助能力に制約がある非常時の、援助の優先順位。 »

 極右と極左の問題点について。

 最大多数のための民主政を選ぶなら、(それが正しいかの議論はあろうが、)、
 やはり中道層による、極右や極左との戦いになると思う。

ーーー
 極右とは何か?

 たとえばこれ。
 

 30億円。2011年度予算。はやぶさ開発。

ーーー
 個人的には、私は、そんなに望遠鏡で見るほどではないが、宇宙フェチなほうだ。
 しかし、借金があるのに、惑星に船など飛ばしている、その気が知れない。

 菅首相は、一度、自分の家と資産を担保に出して、私費で宇宙船でも飛ばしてみるといい。

ーーー
 砂のような石ころ一つ手に入れるために、いくら金が掛かるのか?
 その石ころを元手に、いくら儲かるのか?
 
 大赤字なのに、なぜやるのか?気が知れない。

ーーー
 合衆国やNASAがやるのは勝手だ。

 リビアにはすぐ介入しないだろうが、兵隊使ってイラクから石油を持ってこれるのだから。
 必要なら軍事力を使って、いくらでも外国から金を調達できる。

ーーー
 しかし、日本に、JAXAのような組織が本当に必要なのか?

 金が入るのではなく、金が出ていくだけの組織なら、国民にとって、「はっきり申し上げて、迷惑・負担」なだけなのではないか?

ーーーーー
 一方で、極左とは何か?

ーーー
 東金市で、知的障害者が、おそらく健常者に成長する可能性の高い女児を殺害。

 たとえこの知的障害者が死刑になっても、生物科学的な価値では、釣り合わない。

 また、この障害者を管理していた福祉公務員や業者は、なぜ殺人幇助で有罪にならないのか?

ーーー
 本人が、「殺しちゃいけないというルールがあるのを、わかる能力がない。」というのは、

 科学的には知能が低ければあり得るが、

 それは、結果責任の刑罰を減免する理由ではなく、

 裁判のある段階で、「これ以上本人に理解させようとしてもしょうがない。議論してもしょうがない。」となって、

 審議打ち切りとなって、判決準備に手続きが移る理由ではないか?

ーーー
 結果で言えば、健常者が、意図して「死ねー。」とやったのと同じ結果になっているのだから、最低限のラインとして、健常者の犯罪と同じ罰で、なぜいけないのか?

 その上で、もし死刑でない場合、刑務所での現実処遇や、出所に関しては、

 刑務所では障害者として能力に応じて扱い、もし出所しても能力的に再犯するから、時期が来ても自由社会には出所させないで、新たに管理する。

 そのためのシステムと法律は、当然不備なのだから、新たに作る。

 こういうものなのではないか?

ーーー
 障害者に、公務員や大企業の職を、特別枠で、不公正に与える、腐敗悪法。

 障害者は、健常者内で体力知力が比較的に低い健常弱者層(雇用で不遇を味わう。)と、何が違うのか?

 一部パーツが欠如しているのでわかりやすいというだけで、なぜ弱者層の中での彼らだけが、「ずる」を許されるのか?

ーーー
 生活保護受給者が、妊娠させたり妊娠したら、現状では、出産させたり、したりできる。

 強制中絶させる法律が無いので、警察も医者も止められない。

 健常者や納税者含めてだが、

 出産前や出産直後に、胎児新生児の重度障害がわかっても、医者と警察に、強制中絶・強制安楽死させる法律がない。

 出産後は、生存権25条が邪魔をする。

 これらのことにより、生産性の低く、社会のお荷物になる劣等遺伝子・劣等個体の増殖を防げない。

--- 
 これは、「底に穴が空いたバケツに、水を注ぐ。」ような物で、

 いくら優秀エリート層が、がんばって結果を出して、国際特許を取ったり、国際貿易で稼いで、国富を高め、国庫に納税しても、

 ネズミの様にセックス増殖する弱者層が、それを福祉でざらざら使ってしまうので、

 結局、財政は赤字になり、国も国民も豊かにならない。

 合衆国でも、日本ほどではないが、その傾向はある。
 
ーーー
 反貧困を一番声高に叫ぶ弱者層が、

 元来、自然淘汰されるはずの劣等遺伝子・劣等個体を繁殖させていることで、

 貧困の一番の原因(弱者のねずみ算増殖)を、自らが作っている。

ーーー
 昔から、坊主は、飢饉で戦乱が起こっても、士族や農民と異なり、リスクを負わないで済んだ。
 そんな浮世離れした安全が保障されていたのは、一代限りとして、子孫を作る事を放棄していたからである。

ーーー
「生存競争で滅ぼさないで下さい。福祉保険で食べさせて下さい。
 その代わり、一代限りでいいです。」
 
 ならともかく、
 
 「それで、次の世代も繁殖させて下さい。」
 
 ここまで言うと、信長に滅ぼされても文句を言えない、贅沢坊主になってくる。

ーーー 
 お金の話も基本として大事なのだが、それ以上に、劣等遺伝子や劣等個体を増殖させておくと、
 生物科学的に、日本国や日本民族が、弱体化することになる。

 結果的に、外国の植民地になることになる。

ーーー
 直接占領されることもありうるが、
 核やミサイルの時代だから、むしろ冷戦期の第3世界植民地の多くのように、
 経済的な支配、雇用・労働支配を受けることになると思う。

ーーー
 だから、極左を増殖させておくことは、民族集団を弱体化させるということで「論外」なのだが、

 じゃあ、極左を繁殖管理した上で、

 人一倍勉強して労働して努力する、潜在的に知能体格も高い、すなわち、「才能と努力」が両方備わったエリート極右が、がんばれば、ハッピーかというと、

 この人たちが、石ころに何億も使おうとする、馬鹿なことをしている。

ーーー
 そういうことを、上の政治家が無統制でさせている。
 または下の「甘ったれ」若手研究者とやらが、「知的好奇心をそそられるから」「やりたいから」と突き上げている。

ーーー
 私も、そんなに、はやぶさについて、詳しいわけではない。
 
 はやぶさに30億円投資することが、十数年~数十年後の将来で、最低でも、40億円とか50億円とかの配当になる。できれば、何倍とか何十倍とかの見返りになって、国富に還元する、
 そういうビジネスモデル(しかもローリスク)があるなら、ぜひ、説明して教えてほしい。

 そうでなくて、夢とかロマンとか言っているなら、「ふざけんな!」という話である。

«  男女関係について。 (2) | トップページ |  時間・救助能力に制約がある非常時の、援助の優先順位。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  男女関係について。 (2) | トップページ |  時間・救助能力に制約がある非常時の、援助の優先順位。 »