2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  不信任決議案の投票前夜の、政局分析。 | トップページ |  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) »

 内閣不信任案をめぐる政局と、東北復興計画の相関について。 (2)

 民主党は、10年や20年近くかけて準備してきたから、
 平時なら、内部の権力闘争はともかく、まがいなりにも、政権を運営できたろうが、
 原発と地震津波災害の、両方の非常事態への対応に、相当苦しくなっている。

ーーー
 かといって自民党も、民主党に政権を取られたように、長期の失政責任と、人材、特に経済人材の欠乏は明らかだ。

 原発はともかく、被災地避難民の方は、うまく国力を投下すれば、1~数年で収まるので、
 いずれまた、財政問題が、課題に出てくる。

ーーー
 私が心配するのは、小沢氏が勝った場合、
 
 自民党時代からのノリで、
 また東北に、必要な分はともかく、
 必要以上に金をばらまいて、将来の財政問題の種を、蒔くのではないか、

 ということだ。

ーーー
 復興計画は、夕張の失敗を参考にする必要がある。

 炭鉱が閉鎖されたら、炭鉱都市の規模の市政は、もう無理なのである。
 人口が減るのを覚悟して、役人の数も減らし、
 メロン農家だけの、
 北海道の田舎のどこにでもあるような、農村の夕張「町」・夕張「村」に戻るしか、なかったのだ。

 それを、武士の商法で、市長や役人が、一生懸命に観光業のようなことをやったから、とんでもない失政になった。

ーーー
 三陸は、海の放射線の話を別にすれば、
 漁場があるのだから、漁師が戻るのは、当たり前だ。

 仙台の東海岸も、平野が広がるのだから、田んぼを作って、農家が食料生産をするのには、いい場所だろう。

 だけど、前と同じような「都市」「町村」を、
 たとえば仙台の東海岸の都市や、リアス式海岸の小湾の町村に、
 復活させようとしても、もう無駄だし非効率だと言うことだ。

ーーー
 リアス式海岸の小湾の町村なら、
 漁師以外は、戻る必要のない元住民もいるし、
 漁師とて、海の放射線の量次第だし、

 小さい港町を、いちいちリアス式海岸の小湾ひとつひとつに、作る必要があるのか?

ーーー 
 大きな湾に、ひとつの大型の中都市と中堤防を、集約的に再建し、
 そこから毎回各地の湾に、漁協や各自の船で、魚を取りに行く方が、
 
 燃費は掛かっても、

 無理に、立派な小型堤防を、経済規模の小さな湾に多量に作るより、
 小さな湾沿いに、無理に集落を作って、小さな町を作って役人を雇うより、
 
 安くつくのではないか?

ーーー
 これに反対するのは、「大槌町」とか「○○村」とか、
 都市の人が聞いたこともない町村で、

 いままで、湾ごとに役所を作って、
 サービスは手が込んでいるかもしれないが、非効率に過剰に税金に寄生してきた人達である。

ーーー
 一方で、仙台の東岸などは、
 ここに、また都市を再建しようとしたら、

 それこそ、長大な強大な堤防が必要で、

 それこそ、夕張の2の舞になる。
 
ーーー
 ああいう海岸沿いは、田んぼだけ作って、農家は離れたところに住んで、
 もう都市は作ってはいけないのである。

 たしかに1,000年に一度の災害だから、当分は同じ津波はこないだろうが、
 それにあわせた堤防を、わざわざ危険な地域に、無理して金かけて作る事はない。

 仙台東岸は、分離して町村になるか、政令市の区でもよいが、もう農村地帯として、
 仙台が都市として発展したかったら、もう東に都市部を作る事はあきらめて、
 南北の市町村と合併して、南北に延びるしかない。

 堤防を作るとしても、最低限に海と関わらざるを得ない、仙台港と、騒音問題になる仙台空港の部分だけしか、作ってはいけない。

 言い換えれば、新規や既存以上の堤防が必要になる東部海岸には、もう絶対に都市を再建させてはならない。

ーーー
 石巻も、漁師と、漁師を支える最低限の水産加工業や地域商店以外は、住まない農村に、
 市から町に、戻るべきである。

 漁業基地に必要な分を除いては、長く高い堤防を作ってまで、無理に地方都市を維持する必要はない。

 専修大は、内陸のどこかに、大学を移転すればいい。
 水沢にでも移転してあげれば、小沢氏は大喜びだろう。

 石巻市民の納税に寄生していた市役所職員にはつらいだろうが、
 前と同じ規模の市政を復活させるなどと言うことは、
 国政は、援助しては、いけないと思う。

ーーー
 労働能力のある被災者を助けるのと、
 被災都市・町村をどうするのか、は、
 別物で、

 国の議員や公務員は、このあたりの線引をしておかないと、
 被害者意識の強い被災地の人達、特に地方公務員に、
 えらい金を、不効率な無駄な行政として、たかられる可能性がある。
 
ーーー
 小沢氏に対して、私は、

 小沢氏が「地域住民のための政治」とか言い出して、
 古い自民党のノリで、
 
 上記のような、

 仙台東岸や石巻に、巨大堤防を作って、都市を再建しようとしたり、
 リアス式海岸の小湾沿いの町村を、全部再建しようとしたり、

 金の勘定考えずにやっちゃうんじゃないか?

 そういう危惧を、私は抱いている。

ーーー
 もちろん、菅氏は菅氏で、「復興のための雇用」とか言い出して、役人の言いなりになって同じ事をする可能性もあるが。

ーーー
 

«  不信任決議案の投票前夜の、政局分析。 | トップページ |  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  不信任決議案の投票前夜の、政局分析。 | トップページ |  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) »