2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) | トップページ |  避難民救助と、被災地の土地計画において、民主党政権に気をつけて欲しいこと。 (5) »

 民主党の現状について。 (4)

 菅氏は、

 「他の人が自分より無能で、自分がやるのでなければいけない、自分がやるのが一番いい結果になる。」
 という自負があるなら、
 
 ああいう合議制の党なら、

 その理由を、党議員に、きちんと「合理的・客観的に」説明しなければならない。

ーーー

 それができなければ、
 周りが震災パニックになっている面もあるとは言え、

 「あんまりぱっとした結果が出ないから、誰にというわけでもないが、とりあえず替えてみようか、」論には勝てない。

ーーー
 たしかに周りもドングリの背比べで、

 小沢氏に、どんな矢面に立ってでも、討ち死にしてでもやる度胸と覚悟が無く、
 鳩山氏の、甘く日和見な態度がある以上、 

 今回のような一回の手続きは、寝技で逃げられただろう。

ーーー
 問題は、岡田氏や枝野氏のような、総理の次の位置にいる人達なのではないか、と思う。  

 トップの排他的なイスへの、過酷な競争は、老人世代達に丸投げして、
 爺さんに、そのイスに座ってもらい、
  
 自分たちは、10や40ある、大臣や政務職の地位を、
 「友愛」友達ごっこで、「仲良く」分け合う。

ーーー
 トップのイスは、全ての責任を負うし、非常な矢面に立つ。

 これまでの、同世代「友愛友人」達にも、よくて2位や3位のイスしか用意できない。

 つまり、上からの評価を争う、たかがしれた、横同士の派閥争いではなく、
 「お前、俺の部下になるか、嫌なら外で干されろ。」を、同世代全てに、強要する争いになる。

 そういう人間関係の過酷な争いを避け、
 50代で脂ののりきった、いい大人が、
 まだ気楽に勉強したい、上に老人がいた方が楽だから、
 そんな態度に思える。

ーーー
 鳩山氏の「友愛」は、単に、ぼんぼんな人が苦労人の成り上がりに騙される、コミカルなものだが、 

 第2世代間での「友愛」は、コミカルどころか、

 お互いに牽制しあって偽りの友情の元に、誰も責任者への切符に手を上げようとしない、
 悲劇的に深刻なものなのではないか?

ーーー

«  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) | トップページ |  避難民救助と、被災地の土地計画において、民主党政権に気をつけて欲しいこと。 (5) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  民主党総会と、不信任案採決の、感想 (3) | トップページ |  避難民救助と、被災地の土地計画において、民主党政権に気をつけて欲しいこと。 (5) »