2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

 国連と反社会勢力の、相関について。

平成24年7月25日 午前6時15分
Kensuke Yamazaki

反社会勢力には、

1,暴力団や詐欺師
2,狂信者や狂疑者

 これらがあると思う。

ーーー
 1,は右派、すなわち比較的優秀な人達が、下の人達との実力の差異の程度を超えてまで、極端に欲張ってなることが多い。

 2,は左派、すなわち比較的劣等な者達が、身の程を越えてつけ上がって、やはり極端に欲張ってなることが多い。

ーーー
 1の事例は、
 太古からある、暴君の専制支配(暴力)や、
 中世に天下を取った後のキリスト教団や、革命後の共産主義政権(詐欺)。

 2,の事例は、
 十字軍や一向一揆(狂信)、
 19世紀のアナーキストや、20世紀の革命前の革命家・現代のテロリスト(狂疑)、などがあると思う。

ーーー
 更に問題なのは、この要素の、両方を兼ね備えた人物も、たまにいる点だ。

 学校の成績表を考えればわかりやすい。

 10段階評価で、オール9やオール2の人間は、明らかに優秀と劣等で見分けやすい。
 しかし、国語社会は8が並び、数学理科は3が並ぶ、こういう人間も、世の中にはいる。

 そういうタイプの人間が、得意な長所で暴力や詐欺を働き、苦手な短所で狂信や狂疑に走ったら、
 これは非常にやっかいで、見分けがつきにくい。

ーーーーー
 国連の欠点は、この、1と2の要素で、しばしば利用される点である。 

 利用されるどころか、むしろ、国連官僚など、国連と利益が一致する人達が、その方が得になるからと、そういう暴力詐欺や狂信狂疑を、助長している面もある。

ーーー
 国連は、世界の国々の利益を調整する場であり、それ以上でもそれ以下でもない。
 その時々の、国同士の力関係や、時代の流行に、左右される点がある。

 更に言えば、国連に関わる人達自体が、日本の緒方貞子のような人物を見れば分かるように、その国の主流ではなく、極端な人達であったりする。
 
 緒方氏は、中間管理職としての、難民部署の官僚としては、まだそこそこ優秀だった方だが、
 官僚としてすら本当に優秀なのか?という国連官僚も、採用制度や人事制度の不備により、実際にはいる。

ーーー
 国家は、複数あるから、比較が出来る。
 冷戦自体もそうだった。

 サダム時代のイラクを見れば分かるように、

 ひとたび強力な暴力政権ができあがれば、(社会主義政権の面を見れば、詐欺も使っているが、実際には暴力王朝に近かった。)、
 外圧が無い限り、
 中で支配される人達には、

 王様が天寿で死んで、後継者が何代も続いて、

 やがて王朝内部や支配階級内部で、力関係の変化が生じて争いや分裂が起こったり、長い特権支配の結果、権力層が弱体化して、
 早ければ数十年・長ければ数百年で、地方軍閥の離反や農民蜂起による易姓革命が起こるまで、

 政権交代の手段は、無いのである。

 イラクの場合には、圧倒的な力の差がある米国と、他の多くの国々が米国に連衡したので、政権交代が、外国からの戦争の結果、もたらされた。

ーーー
 近年の中東のチュニジアなどの国々は、一見、民衆蜂起が政権を倒したかのように見えるが、

 比較できる外国の情報が(特に同じイスラム圏のトルコなど)入ってきていたり、
 シリア以外は、列強が軍事的にも、政権の武力行使を封じ、(特にリビアには露骨に)、

 更に、クーデターを起こした少数の軍人が乗っ取った政権(リビア)や、合衆国の支援を受け続けた故に存在できた政権(エジプト)や、宗教少数派(シリア)など、
 もともと政権基盤が弱い国であった故に、
 

 緩い形の外圧・ハードな外圧・政権基盤の脆弱構造が重なって、 
 背後からの最後の一突きをした民衆に、
 簡単に倒されただけなのである。

ーーーーー
 国連の欠点は、唯一であるが故に、比較対象が、NPOなどの民間や反体制組織以外に、
 同じ水準の公共では、存在しない点である。

 一度、行き過ぎたり、誤った判断をすれば、それを修正する可能性が、国家に比べ、非常に低い。

 能力が高い強欲者は、その権威を、暴力や詐欺に利用し、
 能力が低い強欲者は、その権威を、国連への狂信や、国連以外に対する狂疑に利用する。

ーーー
 世界政府などは、間違っても作ってはいけないし、国連に軍事力を持たせてもいけない。

 それは、サダムフセインのイラクのような政体が、世界政府になったときの事を、想像すれば、明らかだ。

ーーー
 ウィルソン大統領以来の綺麗な理想は理想として、図書館の書類の中にしまっておいて、

 現実には、せいぜい、EU程度の地域連合が、5つ程度以上、複数存在するまでが、
 社会の統一や、価値観の統合には、ちょうどいいと思う。

 ベネフィットを考えるのも大切だが、それ以上に、リスクも踏まえなければいけない、ということだ。

 

 先天重度障害者を、安楽死させる法律の、必要性について。

 市場競争と弱肉強食という、成長進化の本質から縁遠い社会は、

1,公務員の労組社会
 若い頃は試験に通るため学業で競争して勝った人もいるが、出世では負けて、守りに入った人達。

2,福祉分野の民間企業
 民間企業の形態を取ってはいるが、実質は、福祉行政の手足の部分となっている。やっていることが、市場競争や弱肉強食とは縁遠い、弱者保護。
 管理職は役所相手の受注競争を経験するが、下っ端は、単に本質と異なる弱者への奉仕を強いられるので、ストレスがたまって老人虐待や障害者虐待をする行為が出てくる。
 そもそも、社会の中で優秀な人達は、この業界に行かない。上も下も、市場で勝てない劣等な人達が、参入しやすい。

 例外として、ワタミのように、功成り名を遂げた後の成功者が、CSRで、慈善や優しさへの評価も求めて、この業界に、経営職として参入する程度。
 外は、キリスト教など狂信詐欺宗教などに騙された純粋な若者が、エセ宗教家どもに騙されて利用されて、参入する程度。

3、 1や2よりその要素が強いのが、両方の要素を兼ね備えた、
 福祉分野の公務員。とくに非管理職組。

ーーー
 前にも書いたが、福祉にはたしかに保険としての機能はある。

 しかし、1や2、特に3の人達が、それも彼らの両親が同じ職業だったりして世襲が続くと、
 観念頭でっかちで、基本が出来ていない、理想倒れのエセ慈善家と化す傾向がある、と思う。

 物理学で言えば、土台基礎や一階部分の耐震性が低いのに、高層建築や立派な展望台を作ろうとしているのと同じ。

ーーー
 男性が女性に子供を産んで貰おうとしたら、
 レイプ犯罪を除けば、
 それなりの雇用を得て、社員証や給与明細をちらつかせて、セックスと出産の同意を得る必要がある。
 
 その為にはそれなりの努力と能力が必要だし、更に、妊娠期間と出産後の生育期間の、女性への生計援助の見通しも、証明できなければならない。

 女性は女性で、男にもセックスや出産を合意して貰うほど、まずは容姿で男性をセックスに引きつけ、性格で男から出産育児の配偶者として評価して貰わなければならない。

 そして、10ヶ月間胎児に栄養を与え続け、出産時には産みの苦しみを味わう。

 子育て自体は、0歳→20歳まで、負担内容は違うが、
 初めほど体力的に高負担であり、後ほど低負担になる。
 一方で、知能的には、逆に後ほど、負担が高いのであるが。

ーーー
 そうすると、親の知能が低いほど、
 知能面での子への教育の負担や、社会性への配慮は、理解できなかったりやらなくなるので、

 基本的に、
 出産までの労働や努力や体力の負担、および出産後の体力的な育児負担、 
 これを、知能が低い両親層は、重視する。

ーーー
 そうすると、
 妊娠中に、胎児が不良品です、と分かった時、
 または出産時や、出産後の0~5歳~10歳~義務教育終了15歳の各段階で、
 子が不良品だと分かった時、

 こんなに苦労して、社会的な地位を築き、女にセックスと出産を合意させたのだから、
 こんなに苦労して、容姿や性格を磨いて、男を引きつけて出産に合意させて、10ヶ月妊娠と陣痛で苦労したのだから、

 また、障害が分かるのが、知的障害など後であるほど、
 こんなに苦労して、育てたのだから、

 この不良品を、周りの社会の人達は、福祉の美名にかこつけて、一生面倒見て飼育してよ、
 と甘ったれる。

---
 「人間であれば、能力を問わず社会的に助けられる。」、というのは、机上の空論としては、安心をばらまき、セーフネットとしての保障を見せつけることになる。

 しかし、

 実際の現実には、
 両親以外にクソの役にも立たない生物を、それも犬猫のように気楽に扱えるならともかく、平均以上の容姿や知能を持った犬猫のように従順でかわいいならともかく、
 戦争の傷病兵や、労災被害者など、社会運営でのまっとうな理由や事情があるならともかく、

 役に立つ程度が極度に低い生物を、なぜ、他の人達は、大きな負担を負ってまで、飼育や面倒を見なければならないのか?

 これにまっとうに答えられない、福祉公務員や福祉業者達は、やはり詐欺師や狂信者だと思います。

ーーー
 人間と他の動物を比べたら、人間の方が尊いのは、人間である以上、誰も認めることではある。
 しかし、どれだけブタや牛を冷酷に殺しているか、それを専門業者に分業して任せている以上、普通の人達は手を血で汚していない分、わかっていない。

 ブタや牛を殺してただの肉に変えている業者とて、そういう仕事である以上、生計のために必要な分はやるが、ちょっと贅沢したいために受注量作業量を増やしたりはするが、
 自分が食べる分ならともかく、他人が食べる分を、必要以上に増やしてまで、ブタや牛の殺害をしたいわけではない。

 他人の労働成果と交換する金銭を得るために、労働としての他人のための屠殺はするが、
 給料が増えるからといって、必要以上に加量して牛やブタを殺したり、または利他的な作業労働を業務でしたいわけではない。

 ましてや、社会で役に立たないクズのために、
 健常失業者が多くいるにもかかわらず、厚生労働省による疑似労働ごっこのおままごとで公金を使用してしまう、不良品のために、
 なぜ、牛やブタを、余計に切り刻んで殺さなければならないのか?

 福祉の恩恵で飯を食っている人達に、いったい、肉を食う資格はどれだけあるのか?

ーーー
 牛やブタとて、草食動物である以上、野性に返して放置しておけば、増えすぎて植物を壊滅させて、環境破壊を引き起こすのである。
 これは、金華山の鹿だけではない。

 だから、人間が食べるための植物環境、空気を吸うための植物環境を守るために、

 牛やブタなどは、人に管理されて、時には、肉にする以外の理由で殺されても、当然である。

ーーー
 しかし、やはり社会のお荷物である障害者達に対しては、
 重度であるほど、
 淘汰は必要なのではないか?

 少なくとも、別に電動車イスや義足は使ってもいいが、
 10歳や15歳や20歳になって、
 大宮駅の改札前から、直前に指定された未知の山手線内の駅の改札前まで、
 切符に必要な料金を渡されて、
 他人に道を尋ねる以上の支援・ JR職員に電車ドアに板を敷いてもらう以上の支援を他人から受けないで、
 犯罪事故に巻き込まれるわけでもなく、

 5時間以内に、自力で切符を買って、自力で電車に乗って、駅を選択して目的地まで行けない人は、
 それだけの知能や体力もない人は、
 やはり、この世から退場していただく、警察が捕まえて医師が安楽死させる、

 これは絶対に必要なのではないか?

 その年齢にならないまでも、その傾向が確実なら、出産直後や低年齢からでも、安楽死させるべきではないか?

ーーー
 このための法律を早急に作らないなら、
 国会議員達は、怠慢で、無責任で、社会の将来を考えずに、
 障害者の両親や障害者達を甘やかしている、
 それだけの、害悪なのではないだろうか?

 
 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »