2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  日本は、ドイツイタリアと3国で輪番する、拒否権無し安保理の1席の要求を、国策にすべきである。 | トップページ |  福島原発への津波被災に関して、無期限・有期限で、中央政界から追放する必要がある人達について。 »

 広島大学における国税の無駄使い + 国立大学教員を、教育に専念させる必要性について。

 広島大学の中越信和教授の財政浪費についてです。

 中越氏のHPに、彼が受注している公共事業が出ています。

ーーー
1,
 文部科学省
 科学技術振興調整費

 アジア・アフリカ科学技術協力の戦略的推進リーダー育成拠点形成
 低炭素社会を設計する国際推進リーダー育成

 サブリーダー

2,
 国土交通省
 受託研究費 土師ダム水源地ビジョンにおける水環境の保全・活用に関する研究

 代表者

3,
 文部科学省
 科学研究補助金 基盤(B) インドネシア・西カリマンタン州カプアス川流域の開発に対する環境影響調査

 分担

4,
広島県事業
(環境省支援) 八幡湿原自然再生協議会
霞ケ谷湿原自然調査協議会

会長

ーーー
 結論から申し上げます。

 2と4は、OKです。
 1と3に関しては、この人物では力不足です。
 そもそも、広島大学が受注する必要すらありません。

 どぶに金を捨てているのと同じです。

 文部科学大臣以下は、即刻、この公金支出を止めて欲しいと思います。

ーーー
 1や3は、本当に本当に、日本にとって必要な事業なら、

 環境省や農水省が、他の事業との優先順位を計った上で、
 国立環境研究所や農水省の研究所でやる仕事です。

 もちろん、この事業が、本当に必要だった場合のことですが。

 または、どうしても文部科学省がやりたいなら、東大がやる仕事です。

ーーー
 博士号の資質がないと十分判断される人に、博士号を与える腐敗の点、
 例外の人はいますが、能力がそれ程高く無い留学生を多量に招致して、国税を浪費し、博士号さえ不要に大判振る舞いした点、

 これまでも、この教員のしたことの一部は、十分ひどいですが、

 今もなお、国際水準の事業を与えるような、文部科学大臣以下は、はっきり申し上げて、馬鹿なのですか?

ーーー
 二度と、中越信和氏には、広島大学にいる限り、リーダーはもちろん、たとえ分担者でも、日本の公費での国際研究業務を、与えないで欲しいです。

 はっきり申し上げて財政浪費です。非常に迷惑です。論外です。

 どうしても国際研究をしたければ、ご本人は、同分野の東大京大教授を追い出してでも、東大や京大に移籍して下さい。

ーーーーー
 文部科学省の世界において、国立大学教員が、「研究教育」といって2足のわらじを履くことで、
 結局、研究の方で、他の省庁の研究所の研究と、だぶってしまって、ここに無駄や重複が出る余地があります。

 環境省や自治体の環境局が、環境研究所を持って、研究員や研究を兼務する職員を雇って、
 文科省国立大理学部の教員が、これまた環境の研究をしたいと研究しだして、

 一体、どこの省庁の誰が、重複を防ぐ業務をしているのですか?

―――
 本当に環境省が研究所を持ってきちんと研究しているなら、
 文科省国立大の大学教員やもちろん大学院教員は、業務から研究は外して、教育だけすればいいんじゃないですか?
 高校教員のように。

 教育に使用するための研究成果は、国や自治体の環境研究所から、公表済みの内容を、提供して貰えばいいのではないですか?

―――
 高校教員で,卓越した体力知力を持つ、一部の優秀な人は、
教育業務を、ノルマはこなした上で、
 義務でもないのに、生活用の一般給与を使って自腹で研究して、それなりの成果を、学会で発表する人もいます。

 大学教員だって、研究費などと甘ったれずに、そうすればいいじゃないですか?

 取り立てて優秀でない大学教員は、
 カリキュラム内容を、各省庁の研究所から公表済みの研究成果を貰って、
 普通の高校教員のように、教育に専念して欲しいです。

 

«  日本は、ドイツイタリアと3国で輪番する、拒否権無し安保理の1席の要求を、国策にすべきである。 | トップページ |  福島原発への津波被災に関して、無期限・有期限で、中央政界から追放する必要がある人達について。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  日本は、ドイツイタリアと3国で輪番する、拒否権無し安保理の1席の要求を、国策にすべきである。 | トップページ |  福島原発への津波被災に関して、無期限・有期限で、中央政界から追放する必要がある人達について。 »