2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  立法での、自民党や、合わせれば35票前後になる野党3党以上の、権力について。 | トップページ |  文部科学省の大学設置認可に関する、田中真紀子大臣と3大学の、騒動について。 »

 繁殖の、制限について。

 体力の低い男、容姿の醜い女、男女ともに知能の低い人物、これらは子孫を残してはいけないし、公共はそれを許してもいけない。
 はっきり申し上げて、そう思います。

 福祉とかいう狂信宗教を理由に、ホモ・サピエンスの中での下等生物たちに、子孫を作り育てることを「子育て支援」とかぬかして、許容している、
 「女の浅知恵」狂信バカ国家、

 これが、戦後の憲法と日本国の実態です。

ーーー
 戦前の日本帝国が絶対に正しいとは言わない。

 近隣の異民族はもちろんだが、国内の共産党や公明党の先祖達は、不当に被害を受けた部分は、もちろんあると思う。
 詳しく調べていないが、先祖被差別民の人達も、個体への十分な社会福祉と教育は、与えられなかった点も、あるのかもしれない。
 
 外務省の人達のロジックを観ると、国際法では問題ないかもしれないが、本当に実質的に加害を償ったのか?と言うところも、異民族に対して、細かい事例では、あるかもしれない。

ーーー
 しかし、戦後の日本は、「悪い事例の正反対=いい事例になる。」とばかりに、愚行を繰り返してきたと思う。

 慢性的とはいえ、日本民族は、これでは退化・弱体化する方向に、進んでしまう。
 やがては、他民族に制圧されて奴隷にされるか滅ぼされるだけだ。

ーーー
 個体への1代限りの保護は認めてやるとして、弱者下等生物の繁殖は「絶対に」認めない。
 警察と医療を駆使して、どんな強権逮捕と牢獄拘留を用いてでも、がんがん向精神薬を使ってでも、
 弱者下等生物には、繁殖をあきらめさせる、公共と民間の強い意志が必要である。

ーーー
 はっきり申し上げて、非常に迷惑で負担です。論外です。

ーーー
 公共が「子育て支援」とかぬかして、対象の制限をつけずに、子孫を残すにふさわしくない人物達の「子育て」までを助けるから、
 本来、存在すべきではなかった、「下等生物の子の下等生物」が、存在してしまう。

 下限に生存競争の淘汰の「足切り」があって、その過酷な自然競争の世界で生き抜いてきた「勝者」達の子孫だからこそ、
 我々は、幼児子供と・認知症や要介護以降の老人の時だけ下等生物だが、その間は、高度な文明を築き、運営し、その恩恵を受けて、衣食住・医療交通サービスのいきとどいた、立派な「国民の生活」を送れるのだ。

 淘汰による下限の足切りがなければ、どのみち最近では人口問題による環境破壊と食糧不足が、すでに途上国では起きているが、
 環境食糧問題は置いておいたとしても、必然で「退化」は避けられない。

 ピテカントロプスに戻る、サルに戻る、狼や熊や病原菌や蛇に怯えながら生きるネズミに戻る。
 こんなバカな「反社会勢力」の行動を許しては、絶対にならない。

ーーー
 本来存在すべきではなかった、「下等生物の子の、下等生物の子の、下等生物、、、」と、
 延々と繁殖を「不自然に」「キリストは復活したと嘘を言う狂信宗教のような屁理屈狂気の元で」許してゆけば、

 体力・知力・さらには両方共が低い、ちょっとしたことで勝手に深く傷ついて、それを執拗に恨みに抱いて、他人を過剰に攻撃して、
 挙げ句の果てには、共感とかぬかして、平等思想を盾に、甘ったれたテロ行為を行って、他人の足を引っ張って、
 更に、ひとたび間違えて権力を握れば、ポルポトのように社会を底下げして破壊する、

 こういう、反社会勢力の犯罪者達が、どんぞん増殖してゆくことになる。

ーーー
 高校以上は、進学に、どれか科目を落とすと進学できない「赤点」があるように、
 繁殖に、赤点を作る必要があります。

 10段階評価で、体力(男)・容姿(女)、知力(男女共通)が、片方でも2以下、または両方共に3以下、
 これらの人物には、繁殖を認めない、公正な法制度が必要と考えます。

 出産前や赤子や幼児期に下限で選別したり、

 18歳以降、体力と容姿は30歳まで、知力は40歳まで、毎年や2年ごとの再受験のチャンスは与えた上で、
 本当の意味での「知能統一テスト」、
 警察や自衛官の体力試験を、普通の男の能力の足きりレベルに下げた体力試験、 美女コンテストやAKB選挙を、普通の女の容貌の足きりレベルに下げた容姿コン、
 体力と知力の相関を調べるための、「社会生活と労働に必要な総合能力の、健康診断」、

 これを、国民の義務で行う必要があります。

 お祭り成人式とか、センター試験とか、国体とかAKBとかより、よほどこちらのほうが、基本で重要です。

ーーー
 競争が大嫌いな学校教員労組が、義務教育の時期に競争が持ち込まれる、と反対するでしょうが、
 そんなに競争が嫌いなら、教員を辞めて貰って、ぜひ、競争のない生活保護受給者になって貰いましょう。

ーーー
 高校の時に、赤点で学年で1人だけ留年した同級生が、腐って騒いでいたのを見たことがあるが、
 これと同じで、繁殖禁止の対象者は、腐って、暴れたり詐欺に走る可能性はある。

 高校は留年しても翌年はまず卒業できるし、大学もよほどバカや不適合な専門でなければ、学力理由では留年者もいずれ卒業できる。
 しかし、上記の繁殖基準については、留年組は、ほとんど100人に数人の、奇跡に近い確率で、死ぬほど努力して結果も出せる人でなれば、人生時間切れまで留年だろう。

 すでに左派が牛耳る政治社会は累進課税で行っているが、税の控除などの市民負担の減免、
 心理カウンセラーや教員による、無料カウンセリングや教育講習などのソフト政策、
 犬か猫1一匹を飼う費用への、公共や他人からの保険補填。

 これらを行った上で、
 それでも抵抗する「抵抗勢力」は、がんがん逮捕して、どんどん向精神薬を飲ませて、恭順させるべきだと思う。

ーーー
 はっきり申し上げて、非常に迷惑で負担です。論外です。

ーーー
 弱い母ネズミは、飢えると自分の子供を食べてしまうのです。
 そういう弱いネズミの子孫は、次の世代以降に残らないように、ほ乳類の世界は、なっているのです。
 それだから、ネズミは、小さくて頭も悪い割には、結構すばしっこくタフで、ちょっとやそっとでは人間に捕まらず、どぶのような悪環境の中でも、生きてゆけるのです。

 もしネズミの世界に福祉があって、
 弱い母ネズミに食われるはずだった「弱い子ネズミ」が生き残って、強い子ネズミの親の「強い母ネズミ」が採ってくるエサにたかって、
 弱いネズミ親子が、強いネズミ親子の足を引っ張って、ネズミ社会を底下げして、

 挙げ句の果てに、強い子ネズミにまで、過剰増殖による食糧不足のために、本来の潜在能力で発達するだけの脳や体格を発達できなく妨害させて、
 さらにはポルポトのように、人間のしかけたチーズ罠や恣意的捕獲や偶然で、不自然に強いネズミだけが殺されて、弱いネズミだけがまちがって生き残ってしまったら、

 こういうことが何代も続くようなら、

 そのうち、ネズミは、蟻やノミのように小さく更に低知能になって、ナマケモノのようにとろくなって、
 人間がアホウドリを捕まえるくらいに容易に捕まえて、駆除できる生き物になります。
 衛生も、無菌室でしか生きられない脆弱な生き物になります。

 その先に待つのは、絶滅です。

ーーー
 特にテレビ局、
 子だくさんの家庭を放映したいなら、それなりの社会的地位を築いた、エリート層の家庭を放映してほしい。
 本来、ワタミや楽天の社長を放映しなければならないのに、彼らのような立派な人達の多くは、社会性があるが故に、教育など先のことを考えるが故に、高知能が故に、優秀な遺伝子の子孫を、1人2人しか、作っていないことを、よく考えて欲しい。

 公共が市営住宅を用意してくれるから、田舎の市営住宅は広いから、
 所得にかかわらず、公共の子育て支援とやらがあるから、
 少子化担当大臣と肩書きだけは立派だが、頭は「女の浅知恵」しかない、主に自民党時代の大臣が「少子化対策、少子化対策」と騒ぐから、
 何も考えずに、己の社会能力にふさわしくない数の子孫を作る人物達を、
 (ネズミにもサルにもある、睾丸と子宮の能力だけは、認めるが。)

 アルカイダや犯罪組織・南米アフリカの原住民達への潜入ルポを放映するスタンスで放映するならともかく、
 ほげーと呑気に放映する、テレビ局の知的水準。

 国は、
 テレビ局への指導を強化するか、
 または、
 テレビ局の開設基準を自由化して、
 テレビメーカーに、地上波を100チャンネルまで見れる機能と、簡易選局の事前設定機能を規制づけて、
 きちんと市場競争をさせたほうがいいんじゃないか?

ーーー
 私の母親は下等生物だから、私自身は大きな事を言えないが、
 少なくとも私の父親は、一応千葉大の学部を出て、上場電機企業で、出世できなかった、中間管理職の下の方止まりはいえ、定年まで働いた。

 その父親が、子供2人なのだから、
 なんで大学も出ていない、平凡な企業の従業員達が、子供を3人以上も作っていいのか?
 ふざけんなよ。

 私は子供の頃、親に妹を作ってくれと言ったことはあるが、年齢的にも経済的にも親は作れたろうが、親は子の進学進路のことを考えて、3人目は作らなかったのだと思う。

 挙げ句の果てに、社会の下層の人物らが、子孫を残したり、しかも子が3人以上など、もう論外です。

ーーー
 いくら米国や米国市民の従属に成り下がったとはいえ、日本人として、劣等な遺伝子を国民や民族内で多量にまき散らす奴は、「国や民族の恥」だと思う。

 今の法制で産まれた後の人物達の個体生存権は、認めざるを得ないが、一日も早く法改正して欲しい。

 はっきり申し上げて、非常に迷惑で負担です。論外です。

«  立法での、自民党や、合わせれば35票前後になる野党3党以上の、権力について。 | トップページ |  文部科学省の大学設置認可に関する、田中真紀子大臣と3大学の、騒動について。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  立法での、自民党や、合わせれば35票前後になる野党3党以上の、権力について。 | トップページ |  文部科学省の大学設置認可に関する、田中真紀子大臣と3大学の、騒動について。 »