2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 | トップページ |  日本政府と与党は、パラリンピックに、一円たりとて、公費を使わないで下さい。 »

 みんなの党の、河合純一氏の公認は、間違っていると思う。

 みんなの党の、河合純一氏の公認は、間違っていると思う。

 障害者とは、庇護や保護される対象であって、他人の上に立つ立場ではないと思う。

 視覚障害者が、人口の480分の1もいるとは思えないし、いたとしても、社会貢献能力からして、
 とても日本の人口1億2千万人のうち、官民で役割分担しているから2倍するとして、上から960番までに入る人とは、とても思えない。

 この人はそれなりに努力しているようだから、下から960人には入らないのかもしれないが、
 はっきり申し上げて、国会議員など、論外だと思います。

ーーー
 以前、浅尾氏が別件でバカなことを言っていたので、勝手に疑って申し訳ないが、
 浅尾氏か誰なのか知らないが、いったいこの公認の責任者は、誰なのか?
 みんなの党は、明らかにして欲しい。

 教員雇用も、
 試験で1点、面接であと1人、及ばず教員への夢破れて、しかたなく予備校で働いている健常者を、何だと思っているのだ?

 児童教育に必要なら、社会勉強の一部として、程度を踏まえた上で、
 児童が障害者施設を見学したり、障害者のうちで比較優秀な人の講演を、学校で行って、その人に謝礼を払う。
 これは悪くはないと思う。

 しかし、特別枠の教員お目こぼし採用など、ふざけている。
 日教組の腐敗も、はなはだしい。

ーーー
 将来世代には、別の施策が必要とは言え、
 現行法では、既に義務教育を受けて物心ついたり、成人した、重度の障害者は、
 安楽死させられず、
 生活保護を受けて、生きられる。

 あんまのような雇用は、社会需要は限られ、
 マッサージの機械製品や健常労働者の市場進出などもあって、障害者の労働機会は減っているだろうが、
 運が良ければ、福祉手当を主な収入とした上での、副業程度に、就業できる。

 日常の行動も、盲導犬を、健常者が雇ってくれるし、
 足下ブロックにせよ、点字書籍にせよ、これも、健常者が負担してくれる。
 日常生活の買い物や風呂の世話さえも、福祉公務員や福祉業者が、ほとんど健常者の税金で、してくれる。

 もう充分、人道的な優しい国家ではないか?

ーーー
 これは障害者だけの需要に限らないが、
 主に障害者が、人間として自尊心を持って生きていくために、
 適度に動物虐待をすることが必要なら、
 現状の動物愛護法は、極端で、動物愛護好きな人・愛護にしか需要がない人の意見しかふまえていないので、
 法改正をして、一定の頻度と予算で、健常者が、障害者の動物虐待の手助けをしてやる制度も、必要かもしれない。

ーーー
 党は、浜松出身や浜松在勤在住で、みんなの党の公認を受けたい、立派な健常者の人達のことも考えろよ!

 この人の協力隊経験だって、
 これは、厚生労働省の国家公務員と、外国の厚生労働省の国家公務員が、技術協力し合えばよいことを、
 バカな緒方貞子のJICA組織が、バカな事業で、余分な無駄金使っただけだと思う。

 少なくとも、私の協力隊経験は、
 林野庁の40代の国家公務員を派遣すれば、2ヶ月で、2年間の私より、よほど立派な成果を上げられただろう、と確信できる。
 更に言えば、
 私の場合は、アジアの国でなく、遠い、コーヒーしか資源のない国の、ローカルな森林経営だったので、そもそも日本が技術協力する必要があったかどうかも、疑問である。

ーーー
 私はこの人に何も他意はないから、
 この人には、勝手に幸せな人生を送って欲しいと思う。

 生活保護と福祉手当を受けて、運が良ければ、その障害で出来る範囲の就業を副業でして。

 でも、もし、
 教員にならないと、国会議員にならないと、
 身の程や実力で届かない欲望が満たされないことで、苦しくなって暴れたり詐欺に走るというなら、
 これは向精神薬を飲んで貰うか、刑務所に入って貰うか、
 私は理解を示すし、出来る限りで制度の「改良」に協力もしたいと思うが、動物虐待でうさをはらしてもらうか、
 それしかないのではないか?

ーーー
 それでも、あまり障害が大きいと、人間社会で生きていくことだけでも、ストレスやコンプレックスが多く、つらいだろうから、
 既に物心ついたり大人になった彼らの世代は、
 福祉手当と生活保護と、運がよい人には臨時雇用、
 それでダメなら、なんとか向精神薬や牢屋や動物虐待で人生をやりくりしてもらうとして、

 今後の産まれてくる世代に対しては、一日も早く法改正をして、
 重度障害者には、先天なら、物心が付く年齢の前に、厚生労働省と公安委員会が安楽死させられるように、
 法改正をして欲しいと、
 はっきり申し上げて、思います。

ーーー
 米国政府が作った憲法が、この点で、狂っている程、現実離れしている理想主義なら、
 それは、米国への従属国家関係は維持して、その点では、米国にしっかり説明した上で、
 生存権に、制限を付けることも、必要だと思います。

 科学的真実に基づかない法文は、土と根のない植物と同じです。
 ただの狂気です。

«  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 | トップページ |  日本政府と与党は、パラリンピックに、一円たりとて、公費を使わないで下さい。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 | トップページ |  日本政府と与党は、パラリンピックに、一円たりとて、公費を使わないで下さい。 »