2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  繁殖の、制限について。 | トップページ |  野田首相の政治について。1年数ヶ月の結末。 »

 文部科学省の大学設置認可に関する、田中真紀子大臣と3大学の、騒動について。

 それぞれの勢力の利害を、妥当な方向で調整する、という穏健な中道政治では、今回のような結果になると思う。

 田中文科相は、突破力や意図は、評価できても、大臣という立場の割には、やり方が拙稚であった、と思う。

 しかし、一番問題があるのは、やはり、
 大学新設審査に関する、これまでの文科省のスケジュールの方法。
 大臣の最終決裁が済んでいないのに、情報を申請者に漏らす、守秘義務違反が疑われる文科官僚。
 大臣からの最終認可が下りていないのに、建物や教員を金払って準備しているという、およそ大規模な民間企業水準とは思えない、本来なら他人に責任転嫁できない、甘ったれた経営をする、甘ったれた経営者たち。
 こういう制度と慣行を作って運営してきた張本人にもかかわらず、他人事のように、たった3年間の与党を責め立てる、愚の骨頂の自民党議員。

ーーー
 大臣たるものが、一時の思い付きではなく、慎重に入念に勉強準備して、責任を取る覚悟でまっとうな決断をする必要があるのは、もちろんだが、

 大臣を批判している人たちは、およそ一国の大臣の職位を、軽く見てバカにしているとしか、思えない。

ーーー
 規制緩和で、私立大に自由競争を認めるなら、競争に負けて潰れる大学の、入学しやすいからと後先考えずに入った学生達を、どうするか?

 偏差値格差が有意に低い学生たちを、受け入れさせられて、非常に迷惑する高偏差値大学の立場も考えて、
 きちんと制度を作るのが、
 長年与党だった、自民党の文教族議員の仕事だったのではないか?

 実際には、一度入学した学生は卒業させてから、大学が閉鎖になるケースが多いと思うが、
 私は詳しく知らないが、そのあたりのことで、いつも、新聞記事沙汰になっている気がする。

 学力不足で留年する学生もいるだろうし、そういう学生を、卒業水準に達していないのに、大学が、自身の閉鎖のため無理に卒業させるなら、後々に大問題になる。

 質の悪い人材を、卒業証書を信用して雇ったら、とても低能力なので、扱いに苦労する企業の立場も、考えてほしい。
 (ちなみに、改正労働契約法も、民間企業経営を知らない、役人・民主党議員・労組が作った、ただの雇用ストーカー増長法律としか、思えない。)

ーーー
 少なくとも、文科大臣と文科省は、新設の私立2大学に対しては、同じ企業系列の他学校法人も含めて、今後一切、公金補助を、大学が潰れることになっても、してはいけないと思う。

 それが、大臣に啖呵をきってまで、自企業の経営に自信を持った、経営者たちの、責任だと思う。

ーーー
 ついでだが、東京農業大学へも、この大学は、青年海外協力隊制度という、公共の腐敗した国税浪費制度に加担してきたので、
 文部科学大臣と文部科学省は、今後一切、東京農業大学に対し、農大が協力隊制度と絶縁しない限り、公金援助はしてはいけないと思う。

 本当に誇りある独立経営の私立大なら、国に金をたかるなど、してはならない。協力隊に関わる事だけでも、間接的に、公金浪費を助長している。

 私は、東大農学部が、過剰な大学院を持って過剰な教員数を雇っていることには反対で、卒業生の問題などで、それを指摘したこともあるが、
 東大農学部が学部までの教育に専念する限り、国が国策で支援する対象は、私立の東京農大ではなく、国立の東大農学部であることは、認める。

ーーー
 秋田の市立大学も、秋田市長が、秋田市議会と市民の支持を受けて作りたいというなら、
 勝手に作らせればいい。

 そのかわり、大学のために秋田市の財政が苦しくなっても、国は一切、地方交付税で助けてはいけない。

 秋田市長に、私有財産分も含めて経営責任を負わせる法律や、
 国が、交付税交付の条件に、自治体の不採算事業の解体を命令できる法律が、無いなら、
 夕張の二の舞になる可能性があるので、その法律も作る必要がある。

ーーー
 「東北に公立の美大を。」、も、秋田市長の「詭弁」である。

 東北の人が、東北地方からよそに出ないで、公立料金で美術を学びたいなら、
 宮城の仙台近くの内陸部で学びたい学生のほうが、東北地方全体で、多数なのは、明らかである。
 (少し前なら、福島もあったが、今は原発理由でダメだろう。)

 秋田市周辺の人でなければ、秋田に公立美大があってほしいとは思わない。

 日照率が日本一低い秋田になど、地元人でなければ、よほど秋田好きな少数趣味者でなければ、誰がわざわざ転居してまで数年間も住みたいものか?

ーーー
 森林資源は豊富で、夏の観光客も来るし、食べ物も、おいしい食べ物や日本酒が多くある。初中等教育に力を入れているので、学力の高い人も多い。バスケで全国水準の高校もある。俗に言う美人も多い。

 だけれども、それは、林産業界が発達したり、夏の野外観光客やグルメ通・酒通を呼び込めるとか、学校教育業界やバスケ業界で出身者が一目置かれるとか、出身女性がもてはやされるとかの、理由にはなっても、

 東北の人のために、公立の美大を誘致していい理由にはならない。

ーーー
 東北の公立美大、ということで、秋田以外の東北の人たちにまで公金負担をたかるなら、
 青森西部や山形西部はともかく、少なくとも、宮城福島岩手や、青森東部・山形東部の人たちにとっては、迷惑千万である。

 気の毒だが、すべての自治体が、生活保護行政のような最低限の生活水準を除いては、均等に、都市として発展する必要は無いのである。

ーーー

 秋田市長は、「東北のため」の公立美大、と「嘘八百」をつくのではなく、
 「秋田市民のため」「秋田県民のため」の公立美大が欲しいと、
 正直に、本音を声明すべきである。

«  繁殖の、制限について。 | トップページ |  野田首相の政治について。1年数ヶ月の結末。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  繁殖の、制限について。 | トップページ |  野田首相の政治について。1年数ヶ月の結末。 »