2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  衆議院選への、民主党の問題点。 | トップページ |  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 »

 姫井氏の選挙区公認について。

 言ってもしょうがないとは思うのだが、
 姫井氏のような人は、公共業務と私生活の区別が、できない人なのだろう、と想像する。

ーーー
 仮説として、
 仕事で知り合った友達が、千葉に多くいるとして、
 地元岡山で嫌な人間関係があったとして、
 だから私は岡山から引っ越して千葉県に住みたい、
 これは、憲法が保障する居住の自由だ。

 で、いきなり国会議員?
 貴方何様?
 我孫子や我孫子市民をバカにしていませんか?

ーーー
 ソフトバンクの社長が、いきなり縁もゆかりもない千葉8区で、国会に立候補しても、
 誰も何も文句言わないのです。
 楽天の社長でもワタミの社長でも、しかり。

 私には、姫井氏がそこまで立派な人とは、思えません。

ーーー
 本当に政治に興味があって、
 我孫子で政治に関わりたいなら、
 なぜ、まずは引っ越して、
 それから、次の市議選を待って、
 それに立候補しないのですか?

 そこで1期やってから、
 市議ではご自身の実力に物足りないと思うなら、
 県議に立候補したらいかがですか?

 それでまた1期やってから、
 本当に国政に出るほどの実力があるとお思いになるなら、
 どうぞ我孫子から国政に立候補なされたらどうですか?

ーーー
 どれだけ前回の民主党は、
 衆参議院公認で、立候補者を甘やかしていたのか、
 私も若くて、極端な事例を、少し疑問に思った程度だったが、
 今ではそれなりに想像付く。

 政権交代を成し遂げた小沢氏は立派な英雄だが、
 優秀者と、理想上の神、は違う。
 優秀者でも、功績対失敗が、90対10や99対1の、ミスはする。

ーーー
 相手が、老いた時代遅れの虎ならば、
 上り坂の政党から公認を受け、風もあれば、
 普通の中年女性が、寸劇演じて虎退治しただけで、勝ちもする。

 合法的に得た6年間の特権を、運がいい人が、享受する。 
 それ自体は責められることではない。

ーーー
 だけれども、
 国会議員のポストが当然の利権のように、また出ようとする感覚が理解できない。
 しかも準備不足で、よその土地で。

 親子世襲を批判するのは勝手だし、自分も小渕氏の例は良くないと思うが、
 天の時・地の利・人の和がそろって、運が良かっただけの人が、状況が変わっても、身の程に会わない議席に何期もしがみつく、
 「自分世襲」も、問題は同じだと思う。

«  衆議院選への、民主党の問題点。 | トップページ |  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  衆議院選への、民主党の問題点。 | トップページ |  衆議院選挙の前の、民主党の問題点 2 +大畠氏・甘利氏について。 »