2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  みんなの党の、河合純一氏の公認は、間違っていると思う。 | トップページ |  増税問題の、まとめ。 »

 日本政府と与党は、パラリンピックに、一円たりとて、公費を使わないで下さい。

 私は、パラリンピックが、詐欺だと、前から申し上げている。

ーーー

 母集団を限定した運動会は、いろいろある。

 小中学生、老人マスターズ、ある会社の従業員。

 小中学生なら、全国大会などやらないが、数値記録で勝負する競技なら、
 各小中学校での大会結果を、文科省が集計すれば、
 日本一足が速かったり、水泳が早い、小中学生を,選別できる。

 会社もそうで、ある程度大きな企業なら、
 地域の支社ごとに、大会イベントを開いて、
 結果を、本社で集計して、社内No.1の人を、選別できる。
 支社で予選をした上で、本社近くの運動施設で決勝戦、ということもある。

 会社の運動会なら、優勝者は、一定の範囲と期間、社内でちょっとした英雄にもなれる。

ーーー
 オリンピックは、世界に対する日本人でNo.1の記録を出すから、すごいと思うが、

 結局、限定した母集団での競技なら、勝ったからと言って、
 その集団内の人間関係で、評価を受けるのはともかく、
 集団外には、大して評価されない、全く興味を持たれない。
 当然である。

 実際には、障害者がちょっとした記録を、努力の末に出せば、
 それはそれで、身近な健常者にも、少しは話題になり、「立派なことをしましたね。」と社交辞令で言う人もいるだろう。
 私だって、そう思う事例が、あるとは思う。

ーーー
 しかしそれは、
 小中学生や、老人マスターや、会社の運動会と同じで、
 「趣味の世界」の話ですよね。

 税金を投資して良い公共事業では、ありませんよね。

ーーー
 向精神薬を飲んだり、刑務所に入ったり、動物虐待をする人は、
 人間社会に対して、
 将来に大きな損害をばらまかないようにするだけで、たいした利益をばらまくわけではない。

 スポーツでいい成績を残して、いい勝負をして、ファンを感動させる方が、よほど、社会に利益をばらまく。
 本人の成長や能力向上という意味でも、その方が、良い手段である。

ーーー
 しかし、その立派な行為を、ご自身の資力で賄えないなら、
 
 他人の税金にたかったら、

 結局、やられる動物にとっては災難だが、
 もちろん方法と程度を人間社会の中で踏まえた上で、動物虐待をする人の方が、
 他人に迷惑を掛けないですよね。

ーーー
 他人に、たいそうな利益をばらまく以前に、
 他人に、大きな損害をばらまかないようにする、
 これは、人間関係の基本ですよね。

 一神教的に一つの価値観の元に、
 その価値観に沿わない人間を殺し尽くしてでも、
 統一した価値観でがんじがらめの社会を作っていく時代では、ない。

 でも、多様性や分権や福祉を追求していけば、
 利害や相性が合わない人間関係や、その程度が増えるのだから、
 これは2律背反で、避けられない。

 その場合には、
 「離れる。」「どうしても接触が必要な場合、他人行儀に徹する。」
 というのが、お互いにとって、最後の最後は、一番いい選択肢になる。

ーーー
 ユーゴスラビアは、
 チトーによる、無理がある押しつけ統一主義と、
 ミロシェビッチ等による、偏狭で排他的で攻撃的な民族主義と、
 両方の失敗を経験して、
 結局今のような、民族毎の、棲み分け国家群になった。

 今は内戦の影響がまだ強いから、分離志向が強いが、
 やがて、強くタフな上流階級には、統合志向も、ある程度は回復して出てくるだろう。

 加えて、下流階級の下流階級の、ピテカントロプスもどきたちも、統合志向は、強い。彼らは、そもそも人間として発達しておらず、原始サル同士として未分化だから。

 だけど、上流と下流がいくら統合を望んでも、
 チトーの大ユーゴスラビアには、もう戻らない。

 南スラブ統合主義者は、各民族国家の国境線付近に、統合主義者の国家を、民族主義国家とは別に、「人口×能力」勢力に応じて、将来要求できる程度である。

ーーーーー
 会社の運動会は、会社の経理や、会社員の任意の積み立てで、運営される。
 よその会社員には、金をたからない。

 マスターズも、所属クラブや老人会で、そこの金で、運動会をする。
 よそのクラブや老人会にも、たからない。

 小中学生の運動会も、学校行事の運動会以外は、
 原則は、その地域の、PTAの金である。
 公金が使われるのは、オリンピック主要競技での早熟選手の育成以外には、
 問題がある。

ーーー
 厚生労働省の政務職に就く人は、今後絶対に、
 パラリンピックに、公費を出させないで下さい。

 はっきり申し上げて、非常に迷惑で、負担です。
 論外です。

 どの党も、選挙公約に入れて下さい。

ーーー
 スポーツをやる人は、
 本当に競技の真剣勝負の世界で勝ちたいなら、
 公費を投下して欲しいなら、
 可能性ゼロに近くても、オリンピックを目指して下さい。

 それで、オリンピック選手に到底なれなかったら、 
 「趣味の世界」で、同好会的に、楽しくやって下さい、
 ということなのです。

ーーー
 同好会とはいえ、
 金もそれなりに掛かるし、
 競技によっては、人の集まりも必要。

 金や人が不足するなら、
 市営の競技場なりプールなりで、
 1人で走ったり泳ぐか、
 公共事業ではない、都合の付いて協力的な友人知人と、走ったり泳げばよい。

 もしそれすらできずに苦しいなら、
 または、それに甘んじることに苦しいなら、
 向精神薬を飲むか、できれば犯罪は犯さずに刑務所に入れて貰うか、動物虐待でうさをはらせばよい。

ーーー
 他の外国は、キリスト教だか国連教だか、
 おかしな権威に勝手にとち狂って、
 パラリンピックでも何でも、勝手にやっていればよい。

 日本政府は、
 今後一切、
 パラリンピック事業に、
 一円たりとも、支出しないで下さい!!!

ーーー
 諸外国が調子に乗って干渉してくるなら、
 逆に、キリスト教も国連も、権威が破壊されるまで、
 外交と広報PRで貶める必要があります。

ーーー
 障害者スポーツで、統計的に上位成果を出した人への、社会の妥当な評価は、
 小中学生運動会・老人会運動会・会社内運動会で、上位成果を出した人に対する評価に比べ、
 それ以上であっては、なりません。

«  みんなの党の、河合純一氏の公認は、間違っていると思う。 | トップページ |  増税問題の、まとめ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  みんなの党の、河合純一氏の公認は、間違っていると思う。 | トップページ |  増税問題の、まとめ。 »