2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  落選して欲しい、国会議員になって欲しくない、主要な人達の、リスト。 | トップページ |  猪瀬直樹氏は、国際的な詐欺・狂信イベントである、パラリンピックを、絶対に招致してはならない。 »

 私個人の政治活動ですが、私は、比例単独の候補を名簿に載せている政党は、信用できない。

 選挙区で闘わなかった人が、国会議員?
 ふざけるなよ。

 比例単独者が、
 金魚のうんちのように名簿の最下位にあるのもダメと思うが、
 ましてや、上位や中間位にある人は、論外。

ーーー
 前回、藤井裕久さんが民主の比例単独だったが、
 細川政権の蔵相だった人を、高齢で小選挙区での選挙活動は大変、無理をさせれば辞退するかもしれない、
 ということで、なったはずだ。

 羽田孜氏でさえ、介護されながらも小選挙区で闘ったのだから、藤井氏の事例がいいか悪いかは、また別の話題だ。
 しかし、今回の選挙の比例単独には、少なくとも、藤井裕久さんのような「実力者兼高齢者」とは、とても思えない人物が多い。

ーーー
 今回は、多党立候補なので、自民でもバカ勝ちはしないだろうが、

 万一、ある党が、ある地方区の比例でバカ勝ちして、小選挙区立候補者では当選枠が足りない場合には、
 その枠は、その地方区以外を含めた、全国比例区での惜敗率で、
 各地方区では比例当選しなかった、その党の重複候補者に割り当てれば、いいだけではないか?

 そのように、公選法を変えればいいだけではないか?

ーーー
 民主の事例を見ても、
 比例復活当選では、
 党内抗争の結果、民主を離党した議員は、多くいた。

 比例単独で離党する人は少ないと思うが、
 法律で制限がないなら、
 今回も、
 今後の党内の政争によって、比例単独候補が離党する可能性は、否定できない。

 維新など、党が金を出していない新党は、候補者は金銭面での借りを返さなくていいので、離党事例は、なおさら多くなると思う。

ーーー
 能力不足で戦力外の人間が、平等議員1票を持つ危険性を、
 政権民主党の内紛醜態を見ても、
 民主党も他の党も、まだわからないのだろうか?

ーーー
 私は、各地方区で、比例単独候補を名簿に出している政党は、信用しません。
 これは、私の政治活動です。

 他の人は、他の人の思想の自由があります。

 

«  落選して欲しい、国会議員になって欲しくない、主要な人達の、リスト。 | トップページ |  猪瀬直樹氏は、国際的な詐欺・狂信イベントである、パラリンピックを、絶対に招致してはならない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  落選して欲しい、国会議員になって欲しくない、主要な人達の、リスト。 | トップページ |  猪瀬直樹氏は、国際的な詐欺・狂信イベントである、パラリンピックを、絶対に招致してはならない。 »