2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

«  国会議員の、詐欺行為と狂信行為の事例。 (田島要さん、山内康一さん。) | トップページ |  女性が安心して早婚・早出産できる社会を作ることが、障害者を強行生産する狂信母親層・詐欺母親層を、減らすことに、つながります。 »

 才能と努力

 山内議員やみんなの党の選対は、私に言われなくても分かっていると思うが、
 世の中の人事の基本は、「才能と努力」なのである。

 どちらかが欠けるなら、中堅どまり。
 両方欠けるなら、下層どまり。

ーーー
 「努力さえすれば、どんな無能な馬鹿(男女共通)・弱っぽち(男性)・不細工(女性)でも、社会の上層にいける。」
 という、狂信的な妄想は、
 合衆国の政治社会が、革命左派社会である以上、
 凡庸以下の日本人には、今の時代は狂信されやすい。

 しかし、そういう勢力にくみするようでは、
 みんなの党も、先行きは暗いと思う。

ーーー
 キリスト教徒の悪いところは、「あきらめる。」「譲る。」「調和する。」という言葉を、知らないこと。

 おそらく世界最古の「きちがい」かつ「やくざ」だった、教祖のように、
 甘えてだだをこねて、身の程にみあった以上の利益を、反社会的にずるをして、たかることしか知らない。

 新渡戸稲造さんの「武士道」と生き方は、決して100%のキリスト教ではない。
 南部藩の家老の子孫である新渡戸さんが、もともとの遺伝と青年時までの家庭教育で持っていた、日本文化・儒教分化・仏教文化のよい価値観に対し、
 それらに不足していた価値観のうち、キリスト教の中からよい部分だけを抽出して、
 社会の上層の遺伝子と個体をもつ新渡戸さんが兼ね備えていた、政治家に必要な適度なバランス感覚で、
 神道・儒教・仏教・キリスト教の長所だけをバランスよく配合し、
 作り上げた価値観なのである。

 もちろん、新渡戸さん個人の性格や好みもあって精製されているから、決して万人に適合される価値観ではないが、
 多くのまともな日本人や、まともな外国人から評価された、新渡戸さんの立派な価値観と生き方は、
 そういうプロセスで、生まれたのである。

ーーー
 新渡戸稲造さんや彼の周囲の人たちを見て、
 「キリスト教徒とは、ああいう人たちだ。」、などとは、思わないでください。
 新渡戸さんは、キリスト教だけではなく、神道や儒教や仏教の長所要素もかね備えた、人格者です。

 キリスト教の本質は、
 日本と違って、もともとピテカントロプスまでの文化しか持たなかった、中南米に、
 キリスト教が、しかも改革後とはいえ旧教が、そのまま入った、
 中南米の中流下流社会をみれば、すぐわかる。

 甘え・無責任、いっぽうで、どうしようもない反社会的な私利私欲と強欲。
  
 気の毒な話であるが、中南米は、欧州が近代国家になった後の近現代の時代に、まだ中世前半の欧州と同じ暗黒な宗教社会を、つい近年まで運営していたのである。

ーーー
 合衆国は、
 新教社会で、ある程度頭を使って生きないと冬を越せない温帯社会で、「先祖が原始先住民→キリスト教洗脳」の人の数は圧倒的少数派なので、
 中南米に比べれば、甘えたかりのわがまま強欲は、露骨や単純ではない。
 それでも、近代欧州の新教のキリスト教が、そのまま入った社会である。

 今は世界の覇権国で富も手に入るので、下流以外は、「衣食足りて、ある程度は礼節を知っている。」程度である。

 決して、新渡戸稲造さんの人生でのキリスト教とは、異なるのである。

ーーー

«  国会議員の、詐欺行為と狂信行為の事例。 (田島要さん、山内康一さん。) | トップページ |  女性が安心して早婚・早出産できる社会を作ることが、障害者を強行生産する狂信母親層・詐欺母親層を、減らすことに、つながります。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  国会議員の、詐欺行為と狂信行為の事例。 (田島要さん、山内康一さん。) | トップページ |  女性が安心して早婚・早出産できる社会を作ることが、障害者を強行生産する狂信母親層・詐欺母親層を、減らすことに、つながります。 »